カードマジックをしなくなってしまった今、使う機会がないってのもありますが、存在を思い出したのでレビューします。(部屋の掃除していたら見つかっ…ry)

FACTORY BLANKS

現象自体はアイキャッチの動画を見ていただくのが最も早いと思います。

タネに触れずに言うと、観客がブランクカードを引き、演者がそのカードを当てる、とやや頭の悪い良い回しになります。

観客はブランクカードを見ていると何らかのカードが浮かんできて、演者はそのイメージを当てる、と言った方が良いかも知れませんが…

要素:

この現象については、メリット・デメリットというよりも要素を書き出したほうが良さそうなので、軽く箇条書します。

  • ギミック(ブランクカードを別途購入すると捗る)
  • パーラー向け
  • コメディ以外ではメンタル系と相性が良いかも?

ギミック

よく作ったな…と言える仕組みになっています。

コストパフォーマンはそこまで良くないと感じるかも知れませんが、唯一無二であることを考えると妥当かもしれません。

また、専用のダブルブランクカードを別途購入すると完全手渡し可能になったり、現象の幅がかなり広がります。そして、専用のダブルブランクカードは普通に高く感じるかも知れませんが…ry

というより、自分の知る範囲では専用のダブルブランクカードを購入できるショップが国内にありません。多分。なので、製造元の Card Shark から購入しました。送料の関係で、単品で購入するのはちょっとオススメできないので、数人で買うか、何か他に欲しい物があった時にまとめて注文するのが良いと思います。

ちなみに、今 Card Shark で一番気になっているのは、ID 360 というトリックです。(カードマジックやる機会があまりなくせに、こういうの集めるの好きなんですよ…)

パーラー向け

原理的にデュアルリアリティになっているため、演者がいる空間と観客がいる空間はある程度離れている必要があります。冒頭の動画を見れば分かるように、そこまで大きく距離を取る必要もありません。2m ほど離れた距離に、ステージ的な空間があるのが理想です。

一応、専用のダブルブランクカードを併用することで、クロースアップ環境でも使えなくはありませんが、性能を十全に発揮しようと思うならやはりパーラーかそれ以上の規模の環境が適しています。

メンタル向け

コメディ風に演じられていますが、現象から考えるとメンタル系だと言えます。

まぁ、ブランクカードに浮かんだカードを当てるのは、周囲から見れば「心に思い浮かべたカード」を当てているようにも見えますし、デュアルリアリティものの強さを感じます。

ただ、メンタル系で演じるよりはコメディタッチな方が向いていると思いますし、どうしてもカードでやるメンタルマジックという印象ではあります。

まとめ

パーラー規模の独特な現象。

メンタリズムというよりは、マジックの延長線上で行うメンタル・マジックとして優秀だと考えています。