やぁどうもおはようございます月ノ風です。

 

先日めっちゃ雨に降られてこれもう川飛び込んでもなんも変わんねぇなと思いながら歩いてました。いやまぁ水質的なサムシングあるんで変わらんことないんだけど
濡れてないところがないという散々な状態だった・・風邪ひいてもおかしくない

あとそう、私数日前からフォールガイズとapexはじめました。こういう生き残りゲーム今まで一度もしてこなかったので新鮮な気持ち(マリオパーティやスマッシュブラザーズならしたことある)
FPSとかなんなら毛嫌いしてたまである(自分にはできないだろうとか)

やってみて知ったけど、APEXってFPSとしては結構ぬるいというか、戦場復帰のしやすいゲームらしくてFPS入門には良いのかもしれない

Double Agent

はい、今回は新作のダブルエージェント。私はキングオブマジックで購入しました。日本語での解説書ついてくるからね!

ボトムにセットしたジョーカーをワイルドカードとして好きなカードを想像してもらい、客にそのカードを押さえてもらうと想像したカードになっていると
そういう感じのマジックです。まぁ抜けた説明もあるのでPV見てください。

現象としてはおおよそ書いたとおりの事で、それをノーギミックで達成します。

レビュー

まぁまず先に書くと、良い商品だと思います。
カードマジックが好きで今後も演じていくんやって人は買っておくといいと思います。
なんだろう、スリーカードルーティンズを人にお勧めするノリ

さてレビュー
基礎的なテクニックを基にしていて、中級者以上向けという事でしたね。
まぁPV見る限り、どうやってるかは知らんけどアレは使うやろなとおもってましたが、そう、使います。
客がコールしたカードの場所を極力動きをなくして把握するための事前準備みたいなアレです。これができないとPV通りの事は難しいです。
ちょっと想定外だったのが、別に必須ではないと解説されていたことですね。まぁ、確かに‥?という感じですが、出来たほうが断然いいです。

で、基礎的なテクニックっていうのも、まぁたしかに基礎です。ただ慣れないやり方をするというだけで
動画見ながら試してましたけど、まぁできない。いや、多分練習したらできるやろなとは思うんですけど、少なくとも現状は人にお見せ出来る状態ではなかった
私は元々マジックについて考えてる時間がそれなりにあるだけで技術等は素人なので参考としては微妙かもしれませんけど、まぁ多くの人がやらない動きのはずなので多くの人にとってもちょっと練習期間は要ると思います。

あと、そう、必要な技術として他にもあって、まぁ少しぼかすならダンデブのトリロジーにあるクイーンズというマジックがありますよね。
あれのPVを技術的に追う事すらできないならダブルエージェントも無理だと思います。これもダブルエージェントのPVでそうやろなとは思ってたのでまぁ、そういう事ですって感じ

 

さて・・それら前提を乗り越えられたなら中々強い武器になる技術なんですよこれ
まぁ、前提が既に強い物たちなんすけどね!
強いスキルと強いスキル合わせたらめっちゃ強いじゃんみたいなそういうやつ

それらの組み合わせ方もダイレクトかつシンプルで、単純に併用するんではなくて融合させたという感じ。知ってから見直すと上手い合わせ方だなと思います。
演技の構成というか見せ方もこの技術に合っていて、水面下で進行してる感があります。余計なものをそぎ落としてできた演技がPVの物でしょう。

さて・・商品ページで上級者向けと書かれていた、IDACAANというマジックも解説があります(おそらくIDはインビジブルデックのこと)
コールされたカードがコールされた枚数目に表向きででてくるというマジック。なんとケースから客の手にデックを落として客自身が開いて確認することができます。

インビジブルデックとACAANを分けることもできます。それはやりすぎやろって思うなら別にどっちかだけでも
まぁ、それぞれだけでやるにしても難しい。そしてこれに関しては純スライトではなくてちょっと準備が要ります。こういうのもギミックというのだろうか・・まぁちょっとした工作ですね。

そこはやるやらない別に好きにしたらいいとは思いますが、この現象は相当難度の高い現象だと思うので、やりたいと思うなら練習してみるといいと思います。
aacaanより断然難しいので、別にaacaanそんな難しいと思わんが?って人がチャレンジしてください。

 

総じて中級者以上の人で武器になる技術を求めてる人にはお勧めできます。
普通にこの金額は安いやろって思える内容でした。

しかもなぜか知らんが10ドルくらいで販売されてるデックついてきますしね・・なんでや、当人が使ってたデックってわけでもないぞ・・別に特定のデックじゃないとできない技術ってわけでもないし(普通にライダーバック使ってた)
お得感はある。すごい

 

おわりに

ひさびさにこれはすごいなって思えるものでした。
人によっては練習しようとすら思わないかもしれないので万人にオススメとは言えないんですけど、ホッピングでカードメインでやってる人あたりは身に着けておくといい技術なんじゃないかなって感じです。挫折する人もいそうなのであんま強くは言えないんですけどね・・

あと、ちょっと触れるの忘れてたので今書きますが、難点もあります。クイーンズのPVを技術的に追えますか?って言いましたよね。
そう、音問題
音出ます。解説通りにやるなら確実に出る。出なきゃおかしい。静かなところで演じるのは難しい可能性があります。(クイーンズのは上手い人は音あんましないみたいですけど)

別に気にされないようにできるとかなら良いかもしれないけども、そこはちょっと考えどころ。

 

はい、とりあえずこんなところ

これはスナップディールみたいに人気が出てもいいんじゃないかなって感じがする技術ですね・・
私は練習してみようと思ってます。できるようになってこんなん簡単でしょって思えるようになったら強いやろなって思うので・・
ただ、これ人前でやるのそれなりに度胸要ります。上手くできるっていう自信がないと厳しいです。見られたくないことを見られながらやってるので、そういう難しさもあります。別にカバー足せるのでもっと易しく変えて演じればいいんですけどね。

 

さて、次はなににしようかな・・今週はあんま休めないんすよね・・なんか軽い感じのにしたいところです。
ではではまた次回