既に何度か催眠現象が催眠誘導以外の手法でも起こせるって話をしていますが、そのまとめみたいな感じです。

note の記事とほぼ同じ内容であるため、会員登録が面倒くさいって方はそちらを読んで下さい。

定義的な問題

現在の定義では催眠は状態であり、その状態へと導くものが催眠誘導となっています。

つまり、非催眠的な手法であっても催眠状態と同程度の現象が起こるものは催眠誘導の範疇なのでは?と思わなくもありませんが、それだと出落ちになってしまうのと、参考にした資料が催眠手続きとそれ以外を分けていることから今回は別物として扱います。

というより、現在の定義でも催眠と催眠類似現象は区別されていますし、催眠誘導と他の儀式や手順も別とされている割に、その境界線がかなり曖昧で「定義」と呼ぶにはちょっと弱いんじゃないかと感じます…

ということで、今回の投稿はまず「催眠条件」(催眠手続きとも)について言及します。

過去の実験で催眠特有の現象だと思われていたものが、催眠条件以外でも起こることが観測されています。

催眠条件

  • 催眠事態の提示
  • 標準的な催眠誘導
  • 被験者の催眠的外観の発現

最初の2つが必須で、3つ目は実験によって言及されたりされなかったりしています。

これらの条件を満たした状態を「催眠条件」、手法を「催眠手続き」とします。

催眠事態の提示とは「今から催眠を行います」と説明することで、これを行うだけで催眠現象が起こりやすくなります(この辺の詳しい話は以前の投稿でまとめています)

標準的な催眠誘導については、ここで紹介すると長いのですが、  "The Oxford Handbook of HYPNOSIS" にも載っている "Eye fixation" にちかいオーソドックスな手法です。

催眠的外観はまぶたの痙攣とか、表情の平板化とか、よく言われる特徴が幾つか観察されるかどうかになります。

非催眠条件

次の条件でも催眠条件と同水準に起こる催眠現象が存在します。

  • 催眠事態の提示を行わない
  • 標準的な催眠誘導を行わない
  • 被験者が覚醒状態で行われる

「これから催眠の実験を行う」と催眠ではなく他の心理テストとして行われました。また、標準的な催眠誘導ではなく、単なる指示か、或いは非催眠的な暗示が使われました。

基本的に催眠感受性(≒被暗示性)が同水準であることが前提ですが、先に結論を言ってしまうと、多くの催眠現象は非催眠条件でも有意差無く起こることが判明しています。中には感受性問わず覚醒状態で催眠誘導を使わない方が効果の強い現象すら存在します。

古典的アプローチで深い催眠状態でしか起こらないと信じられていた物も、厳密な実験を行ったら覚醒状態の人間にも同程度起こっていたりしますし、人によっては少し驚く内容かもしれません。

催眠感受性に関係なく起こる催眠現象

事前の実験で催眠感受性(被暗示性)が低いと言われているグループにも効果が出たもの、或いは催眠感受性を問わずランダムに集められたグループにも発現したものがここに含まれます。

認知能力の変化

催眠暗示によって一部の認知能力が向上することが知られています。
(数字と記号の置き換えとか)

これは、催眠感受性を問わず、動機づけによる手法で催眠誘導手続きと同程度の効果が出ています。

幻聴・幻視の証言

古典的アプローチでは深いトランス状態でしか体験しないと言われていた幻覚ですが、実際には覚醒状態でも一定の割合で起こることが確認されています。

しかも、その割合は予想されるよりも多いもので具体的には次のとおりです:

ラボメン限定コンテンツ

コンテンツを閲覧にするにはログインが必要です。

以前から「催眠でできることは催眠以外の手法でもできる」と主張していたのですが、「催眠手法は一部の非催眠手法の下位互換である」に変わりそうです…

催眠療法が現代であまり注目されないのも、既により効果のある手法が使われているからだと考えた方が自然です。
(催眠より効果が高いと予測される一部の技術は本来の医療用途から改造されて軍事利用されている上に、効果がありすぎるのか使用には慎重になるべきだと言われていたりします)

ただ、既に述べたようにショー催眠では「催眠術」として行うことにメリット、優位性がありますし、催眠スタイルの手法は今後もパフォーマンス分野では残り続けると予想されます。