最近ちょっと興味のある分野(?)についてのお話です。

「手ぶら」

マイブームと言いますか、最近の理想を端的に表すと「手ぶら」です。「手ぶら」を分野と言うべきかは悩むところです。

愚地独歩の空手観ではありませんが、たまたま身に着けていたもの、たまたまその場にあったものだけでできる現象が理想です。

人によっては常にカードとハーフダラー(或いはワンダラー)を持ち歩いている人もいますが、私の場合はカードを持っていることが稀ですし、持ち歩くにしてもマジシャンと合う予定がある時だけで、マークトデックのダイマのためだったりするので特殊な状況、つまり日常とは言えません(゚∀゚)

仕事以外でスワミギミックや特殊な電子デバイスを普段から身につけるのはどうかと思っているタイプの人間なので、あくまで日常的に持っているもので出来るのがベストです。究極は裸でも出来ることですが、流石にそんな機会はなさそうですね!(海やプールでやる機会ならワンチャン?)

日常的に身に着けているもの

夏場と冬場、スーツか平服かを問わず、共通して持っているものが幾つかあります。

  • iPhone
  • ハンカチ
  • 財布
  • キーケース

この4つが1年を通して常に持っているものと言えます(ハンカチをたまに忘れるのは秘密です)。

平服の時はネックレスや指輪、ブレスレット等のアクセサリー類をしていたり、ジャケットがある時はペンとメモ帳が増えることもありますが、必ず持っているとは限らないので第2候補となります。腕時計は…スマートフォンの電源を落とす必要のある場所に行く時くらいしか使っていません。

iPhone

以前にこのブログでも書いたアプリが入ってはいるものの、デックを持ち歩かないので小ネタ程度にしかなりません。ただ、話のネタにはなるのでアプリ系は何か1つくらいはあって良いかも知れないと思っています。

手ぶらではありませんが、ジェームズ・ブラウンのスマホを使ったルーティン等を知っておくと役に立つ日が来るかも知れません(ジェームズ・ブラウンのルーティンはアプリでは無く物理的にスマホを使います)

ハンカチ

至って普通の紳士用のハンカチです。普通に使う用ですし、日毎に色が違うので安定したルーティンに組み込むのは難しい気がしています。

マッスル・リーディングでスカーフを使ったものがあるので、そこで使えなくもありません。

財布

最近新しいのに変えて容積が増えたので、ループスやカード数枚なら入ったりしますが、その辺を加えるとややこしいので今回はカウントしません。ループスは切れますし?

お札やコインなど貨幣が多少なりとも入っているので、この辺を使ったノーギミックのルーティンがあれば便利そうです。

キーケース

キーケースにはシガレット・スルー・ハーフとハーフダラーが入っていますが、こちらも...ry
そもそも私自身が非喫煙者なので、自発的にシガレット・スルー・ハーフのルーティンを見せることはできません(何故持ってるし)。

追記:最近はスコッチ&ソーダを入れています。

キーケースにはまだ余裕があるので、ベンディング用の鍵を入れておくのもアリな気がしたりしなかったりします。

トリック・クラス向けコンテンツ

会員クラスが「トリック」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧できます。

結局これって…

手ぶらでやれる現象を書いたわけですが、結局これってほぼパトリック・ジェーン(『THE MENTALIST』の主人公)なんですよね…

あのほとんど何も持たずにスーツだけでブラっと現場に行くスタイルは間違いなく理想と言えます。

メンタルマジックとメンタリズムの違いは使っている道具が〜みたいな話がありますが、そもそも道具を使わなかったらそれは自動的にメンタリズムになるのか?って話もしても良いんですけど、「そもそもメンタリズムとは〜」みたいな話になって長くなるのが目に見えているので、やめておきますm(_ _)m

 

手ぶらのメリットは、難易度は別として手軽であること、道具の心配が無いことです。特に道具に関しては、そもそも使っていないので壊れる心配やギミックを疑われる心配がありません。

もう1つメリットを上げるとすると、一部を除きタネがバレても困らないということです。タッチング・オン・ホイやゴースト・タッチはトリックの要素がありますが、他はほぼピュアスキルなので、タネがバレたとしても大した問題になりません。単純にすごい人ってなります。

 

カードやコインから離れるのもアリなんじゃないかと…