注意事項:本投稿の内容を実践すると心身に重大な障害が残る恐れがあります。絶対にやらないで下さい。

そういう方法もある(あった)よねって話で、現在これらの方法をやる人はいません。というか、普通に危険なので誰もやりません。

そう!ネタ記事です!

恐ろしく速い手刀…(超適当)

見逃してしまうアレですが、古いステージ催眠にその手の方法があります。

Dr.Q の冊子でも似たのがあるので既にご存知の人もいるかと思います。

方法としては至ってシンプルで、観客をステージに上げる際に手を差し出すふりをして、首、というか頸動脈をさっと締めます

The New Encyclopedia of Stage Hypnotism より

頸動脈は適切な強さで圧迫されると、反射で脳への血流が一瞬滞るため、それによって失神かそれに近い状態になります。で、その観客がフラッとした状態を「催眠状態へと入った」と見せるのが、古典的なステージ催眠の手法として存在します。

ちなみにこれは、英語圏でステージ催眠のバイブルとも呼ばれる "The New Encyclopedia of Stage Hypnotism" で推奨しない方法として紹介されています。

普通に危険なのでやらないように…

此処から先は更に危険度が上がるため、会員向けにします。まぁ、知ったところで非合法な手段だったり、日本で一般的に入手できない物を使うので出来ないんですけどね?

マインド・クラス向けコンテンツです

会員クラスが「マインド」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧ができます。

まとめ

催眠誘導なんかよりよほど強力な手段が世の中には色々あり、取り分けて特に過激なのが今回紹介した手法です。

健康被害が出る恐れがあるので全くお勧めしませんし、念のために簡単にはできないものだけを紹介していますが、万が一この記事を見てやって問題が起こってもこちらでは責任を取りかねます。