少し前にnoteで投稿した『メンタリズムって何?メンタリストは何をする人?』が割と好評だったようで、知人からも直接メッセージが来るほどでした。

まぁ、内容的に弊サイトに投稿すべきだったかなと若干反省しているので、近いうちに移植しようと思っています。代わりにnoteの方には「メンタリズムでリアリティを持たせる簡単な方法」みたいな投稿をする構想があります(゚∀゚)

本サイトはガジェットのレビューやダイエット記録などもあり、非マジシャン・非メンタリストの方からのアクセスがかなり多いため、コツみたいな話は全てnoteの方が良いかなと…で、リアリティ云々はもろnote向けなんですよね…(サイドバーにある「先週のTOP10」をみていただければ、マジック以外のコンテンツのアクセスが多いのが分かるかと)

ちなみに、友人・知人も当サイトを覗いているようでして、「何かわからないけど、取り敢えず読んでる」という話も聞いていまして… クライアントの方もやはりこのサイトを見るため、裏の話が随分としにくくなっています。

話が脱線しました…今回は久々のお知らせです。と言ってもまだ何一つ目処が立っていないませんが!(ぉぃ)

最近あった問い合わせ

活動を減らすべくコンタクトフォームを消したのですが、私個人向けのフォームに何件かわざわざ問い合わせをしてきた方がいました。

内容はみなさん大体同じで、大雑把にまとめると「おすすめの〇〇教えて下さい」と「レクチャーの販売はもうしないのですか?」の2種類になります。前者に関してはブログやnoteにかなり情報を出しているので、そちらを見ていただくとして…レクチャー類に関しては割と悩んでいます。

レクチャーを出す3つの問題点

レクチャーを出すか悩んでいる主な理由が3つ。

1.特商法の問題

通常オンラインで何かを販売する際、特定商取引法の表示が必要なわけですが、これが現状だとやや面倒くさいです。

というのも、私の本名か電話番号、登録している住所を調べると、所有している企業の情報が出ちゃうんですよね…何というかちょっと恥ずかしいので、余り知られたくないと言いますか…(ぉぃ)

真面目な話、企業情報が分かるとより詳細な情報が分かります。そうすると、代表者を含め役員の名前などが出てくるため、私個人の問題では無くなってしまうのが最大の理由です。

本業はマジック・メンタリズム分野とは全く無関係ですし…

そういった事情があり、STORESは閉鎖しました。
(STORESは一応匿名での販売は不可能ではありませんが、後述の問題との兼ね合いもあります)

2.顔出し活動の制限

これまた本業との兼ね合いです(゚∀゚)

企業インタビューのオファーがちょいちょいありまして、今の所全てお断りしていますが、出るのは時間の問題です。そこで顔を見られて「あ、こいつジャンじゃね?」みたいになるのがちょっと嫌だなと…
(過去にインタビューした人がサイバーエージェント社CEOだったり、楽天代表者だったりと中々凄いメンバーが揃ってる中、弊社のような新参企業に何故オファーが来るのかは不明)

繰り返しになりますが、本業はマジック・メンタリズムとは一切関係の無い事業なので…

まぁ、某ラジオに出た際の視聴版がガッツリYouTubeにアップされているので、今更そこまで気にすることもありませんが…!(問題が個人の範囲に収まっていますし?)

3.アップロード制限

上2つの問題をクリアしようとすると、今度はアップロード容量の問題が出てきます。

STORESやBASE等、比較的有名なところは大体1GBまでなのが若干のネックになっています。

ソリューション

今の所、仮に動画を作って販売をする場合、ファンティアが良いかなと思っています。

特定商取引法表示は運営元のが表示されるだけであるため匿名性が確保されていますし、アップロード容量も有料プランの会員になって頂く必要はありますが、最大で3GBまでアップロードが可能です。(有料プランもこちらで価格が設定できるため低価格プランを用意する手があります)

もう1つの解決方法は紙媒体で出すことですが、こちらは面倒なので今の所そこまで考えていません。

製作予定のもの

過去に4つ5つほどレクチャーを出していますが、それらを作り直してまとめた物を考えています。仮に作るならですよ?

なので、既に持っている人としては特に目新しさはありません。取り敢えず2種類くらいを考えています。

AUTOMATIC EFFECTS 改

過去に出した『AUTOMATIC EFFECTS』というレクチャーがありますが、それの改訂版を作りたいなと。作るなら!(大事な…ry)

ただ、そこに載っていた2つの現象はnoteの方でも解説を出しているので、そんなに作り直す必要無いのでは?と思ったり思わなかったりしています。

タイトルの通り、コンセプトはAutomaticなわけですが、そんなにポンポン思いつくはずも無いんですよねぇ…

フォース系

過去にクラシック・フォースとスプレッド・フォースのレクチャーをそれぞれ出していますが、それらをまとめて作り直そうかなと。これについては某所より「出さない?」という打診が軽くあったのも理由になっています。

ついでに、One-fifthという5枚のカードを使ったフォースの方法や、まだ出していない某マインド・リーディング・ルーティンの実演を入れようかなと。

その他

「フラッシュ・アムネシア・インダクション」と勝手に呼んでいる催眠誘導法や、実演で好評を得ているルーティンの解説をどこかでしたいと思っています。

フラッシュ・アムネシア・インダクションは文字通り瞬間的な忘却現象を起こしつつ、そこを起点に催眠誘導を行う手法になります。催眠風トリックの忘却現象ではカードを使ったものが多くありますが、私の方法は完全に道具無しで行なえますし、ある心理現象を利用しているため、ほとんどの人を相手に成立します。そこから催眠誘導が行えるかは術者の技量になりますが、催眠の様な現象は確実に起こるため、誘導のバリエーションやアウトとして使えるはずです。多分…

解説がかなり手短に済んでしまうので、もしかするとnoteの方でこっそり投稿しているかもしれません。専用のレクチャーを作るなら他に幾つかのネタを入れないと尺が短くなり過ぎます。

追記:作りました
フラッシュ・アムネシア・インダクション
https://note.com/trickormind/m/m5bd42c662b93

研究会の再開

COVID-19の影響でしばらく行っていなかった研究会を今月か来月あたりに再開する予定です。

次のテーマはまだ決まっていません。