現在、鋭意製作中(?)のフォースに関するレクチャーの話をします。

ぶっちゃけ、進捗はかなり悪いですね\(^o^)/

取り敢えず、概要部分とクラシック・フォースまでは書きましたが、後から補足する部分が多すぎて中々進んでいません。

なお、クラシック・フォースについては大まかな内容を会員向け記事にしているので、気になる方はそちらも見て下さい。と言っても会員の方は大体読んでいると思いますが…

フォース・レクチャーの概要:

レクチャーの内容は、確率で起こるフォースで、特に演者からの干渉によってある程度成功率を高めることができるものについて。なので、50までの数字なら37が選ばれやすいみたいな、受動的な手法についての説明は最小限になっています。

既に投稿したクラシック・フォースの様に、如何にして相手にそのカードを選ばせるかについての話がメインになります。

所謂サイコロジカル・フォースになります。ただ、サイコロジカル・フォースはプロバビリティ・フォースでもありますし、ここに厳密な区別を必要としないため、同じ略称である "PF" を用いることにしています。

販売時期:

未定!

現在の進捗から考えて、8月中には完成しないと思いますね…多分…

9月下旬ごろから色々と活動を再開する予定なので、できればそれまでに完成させたいところです。

販売形式:

PDF を考えています。

余力があれば動画版も並行して作りますが、長くなるのでカテゴリ毎に分けて製作販売するかも知れません。まぁ、これも未定です…

個人的な好みと言いますか、見返すなら動画よりも文章のほうが優秀ですし、検索性を考えるとテキストデータに分があると考えているため、取り敢えず文章で作ろうとしています。

5分で読める内容が動画では30分とかになりますしね?

PF の分類について

クラシック・フォースやスプレッド・フォースも "PF" に含まれると考えています。それらを手法別に3つのカテゴリに分けました。

  • タイミング・フォース
  • サイト・フォース
  • メンタル・フォース

なお、この分け方は一般的では無く、本レクチャーで便宜的に作られたカテゴリです。

タイミング・フォース

カードを引くタイミングや「ストップ」と言うタイミングをコントロールするフォース全般を指して言います。

、主にクラシック・フォースについて解説します。同じカテゴリのストップ・フォースについても言及しますが、割合はかなり少なめです。

タイミング・フォースというカテゴリで括っているように、このカテゴリに属するフォースは共通するアプローチが存在しており、コツも共通のものがあります。(見方を変えれば、サイコロジカル・フォース系全般のコツとも言えますが…)

後はクラシック・フォースのアウトについてだとか、練習方法、成功率を上げるための戦略について細々した部分も紹介します。

既に述べたように、8割位の内容は会員向け投稿で出していますし、最も基本的な部分はそれだけ見れば十分だとも言えます。

サイト・フォース

「サイト」、つまり視覚・見え方をコントロールするフォースで、スプレッド・フォースやリフルしたカードを見せて行うフォースがここに属します。

レクチャーでは、スプレッド・フォースとテーブル・スプレッド・フォースが主な内容になります。テーブル・スプレッド・フォースについてはフェイス・ダウンとフェイス・アップでのアプローチも含まれます。

スプレッド・フォースについては基本的な手技と成功率を高めるためのアプローチ、フォースが成功しているかどうかの見極めポイント、アウトを取りつつ行える練習方法を紹介します。

ジョセフ・バリーの『インスクリュータブル・レッド』の説明だけでできなかった人でも、おそらくこれで成功率は上がるはずです…(保証はできません)

ジョセフ・バリー, ピーター・ナルディ

テーブル・スプレッド・フォースは、○○○クを保持しない方法を解説します。保持しない方法は保持しない方法で癖があるので、技術的に簡単とは言い切れませんが、楽ではあると思います。

メンタル・フォース

一般的にサイコロジカル・フォースとメンタル・フォースは同じものとして扱われますが、これではメンタリティ・セレクションに対するフォースが区別できないため、サイコロジカル・フォースとメンタル・フォースを別物として扱います。

以前にマジック・マーケットで販売したスプレッド・フォース・レクチャーでオマケ的に紹介した方法を更に詳しくした感じになります。(そのレクチャーを持っている人は少ないので伝わりにくい)

詳しいと言っても前2つと比べるとおまけ程度の内容になるんじゃないかと予測しています(いざ書き始めたら思いっきり増える可能性もありますが…)

ジェスチャーを使った方法が成功するのは相手の要素に依存するとか、絶対的な手法は存在しないとか、脳の予測が云々…みたいなちょっと抽象的な内容になるので、合わない人は全く合わない可能性があります。

誰にでもできて、誰にでも通用する魔法のような方法は存在しない前提で、あくまでも「成功率が上がる状況とは」みたいな話が多くなります。具体的な手技も一応紹介しますが、方法的にはオーソドックスと言いますか、ダレン・ブラウンのレクチャーで解説されているような方法とほぼ同じですし、手法自体に新規性はそこまで無いかと思います。

アウトについてはカードマジックなら Asi Wind の "AACAAN" が最も優れていると思うので、そちらを参考にしてください。

まとめ

いつ完成するんでしょう…


クラシック・フォースのアウトの一部は、『カードマジックフォース事典』などを参考にしています。