Trick & Mind Laboratory

目的

メンタルマジック或いはメンタリズムを実演する人はコンベンション等に参加することが少なく、パフォーマー同士の交流やフィードバックを得る機会がほぼ無いという状況です。また、メンタリズムを行うには多岐に渡る情報の蓄積が必要であり、国内外問わずメンタリストは基本的にチームでパフォーマンスを作っているのが現状で、個人がそれぞれスタンド・アローンで研鑽をするには限界があります。

こういう背景により、情報交換や勉強会の場としてこの「トリック・アンド・マインド研究会(略称”TML”)」を開催するに至りました。

参加要件

マジシャンやメンタリスト、メンタル系のエフェクトを行うパフォーマー、研究者向けです。
少し矛盾する言い回しになりますが、「メンタリズム=メンタル・マジック」或いは「メンタリズム=心理学的手法」である、と本気で考えている方には向いていません。
また、レクチャーのように参加したら何かを教えてくれる場ではなく、名前の通り研究が目的であり、参加者には何らかの発言が求められます。そのため、マジックやメンタリズムの知識、実演経験がある程度必要になります。

初心者向け、入門者向けの集まりは別途行う予定がありますが、まだ開催の目処は立っていません。

日程及び内容

  • 6月24日 15時〜
  • 研究内容:以下の内容についてアイディアや質問を用意してください
    • スワミギミックについて
      • 形状によるメリット・デメリット、適した状況
      • 効果的な使い方と演出
      • 上手いと思った実演例
    • コールドリーディングについて
      • 普段使っているサトルティ
      • 試せていないアイディアなど
    • ホットリーディングについて
      • 情報の扱い方や演出に取るこむ際の工夫など

参加方法

  • メールフォームよりお申し込み下さい
  • 定員はキャパシティや交流出来る人数を考えた結果8名までとしています
  • 参加が認められた人に住所などの詳細をメールにてお伝えします
    (ドメイン”@trickormind.com”のメールを受信できるようにしてください)
  • 会費として500円を集めています。
TML用メールフォーム