みなさんEDCって知ってますか?

ミリタリーとかアウトドアが好きな人ならご存知かと思いますが、Every Day Carryの略で毎日持ち歩くものって意味です。更にはそれを入れる小さめのパックやカバンを表すこともあります。

ということで、今回は私が日常的に持ち歩いている道具について話します。

日常的に持ち歩くもの?

各所で言っていることですが…私はギミックやプロップ(小道具)を普段から持ち歩いていません(ぉぃ)

道具が無い状態でもある程度のことができますし、催眠をやる場合は道具が全く必要ありませんしね?

まぁ…厳密には1つだけ常にコインケースに入れっぱなししている道具があります。ただ、これについては自分自身持っていることをたまに忘れているくらいなので、日常的に所持している感覚はありません(屁理屈)。

スコッチ・アンド・ソーダ

ピックポケットのレクチャーに参加してから常に持ち歩くようになった道具です。

詳しい原理を知っている人にしか伝わりませんが、嵩張るアレを持ち歩かないためリセット不可だったりします。

実演する可能性がある時に持ち歩くもの

ここからが本題ですね。

普段は全くと言って良いほど道具類を持ち歩かない私ですが、行く場所や参加者の面子的に実演を要求されるだろうな…と予め分かる場ってものがあります。で、こういう時に何を持ち歩いているかって話になります。

予め分かる範囲で装備を決めていますし、場合によってはデック1つしか持たないってこともありますが、取り敢えずカバンに突っ込む機会の多いものを紹介します。

準レギュラー

EDCと呼ぶか微妙な所で、気が向いたら持つものから紹介します。

モルガン・ダラー

ウィッチ・ハンドをする時や、簡単にコインマジック(リアル・コインマジック)を演じる用に1枚だけ持ちます。5枚だと嵩張るし重いので…

どっちも指輪で可能なため、モルガン・ダラーが1枚でも重いな〜って時は指輪をはめています。服装にもよりますが。

スリー・コイン・トリック

SCBのハーフダラーサイズのものです。ワンダラーサイズは流石にでかい…

現象がとにかく分かりやすく最後にリセットされた状態に戻るため、ホッピングしていた頃は重宝していました。嵩張らないため、取り敢えずバッグに放り込みがち(と言いつつ、最近は持ってないことのほうが多い)

レギュラー

高い確率で実演を求められる機会がある場合に持っていることが多いもの。

フルアクトをするわけでもないので、取り敢えず持っておいて、環境に合わせて1〜2ネタやる感じになります。

リングメモとペン

筆記用具は道具感があまりないですね。

紙とペンだけで演じられるメンタル・エフェクトは結構あるため、これさえ持ってれば突発的な実演に耐えることができます。

念の為、某現象ができるように仕込みもしてありますが、それが発動されたことはありません。

トリック・クラス向けコンテンツ

会員クラスが「トリック」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧できます。

まとめ

道具は単機能よりは色々と応用が効くものが多めで、同じ構成で違った印象の現象ができるものを好んでいるとも言えます。

ちなみに、これだけ用意しても仕事以外で演じる時は1〜2ネタ選んでやる程度に留めています。

長くやっても見てる方は飽きますしね?

もし誰かからマジックを見せて欲しいとリクエストされたら、ひとつだけ見せなさい。 そしてひとつだけ見せたら、そこでやめなさい。

良いマジックを1つだけ見せてそこでやめるなら、多くの友人を得るでしょう。 2つ3つとやると観客は飽きてきます。観客がもっと見たいと思っているときにやめることが大切です。

チャーリー・ミラー

基本的にレクチャーノート『φ』に出てくるルーティンの一部をやるための物が多いかなと思います。