先日、note の方で「メンタリストのババ抜き」で使える幾つかのテクニックを紹介しました。

全てカードマジックといいますか、元々ギャンブルで使われていたイカサマの手法がメインになりましたが、ここではツーパソンのアイディアについて紹介します。

(YouTubeでマジックを覚えましたとか、よほど知識が偏っていない限り、まともにカードマジックを齧ったことがある人なら誰もが知っている方法がほとんどですし、このサイトで書くほどでも無いかなと思っています)

某デジタルガジェットというか、iPhone やその周辺機器が必要になります。もしかすると Android でも同じことが出来るかも知れませんが、持っていないので検証しようがありません…(ぉぃ)

ということで、早速紹介しましょう。ちょっとしたアイディアなので今回は短めです。

バイブレーションを送るアプリ

幾つかあるので具体的なアプリ名は出しませんが、iPhone間でバイブレーションを送るアプリがあります。

バイブレーションはオリジナルパターンで送れるので、イカサマ等でも使えそうです。

ちなみに、iPhone を某デバイスの代用品にするアイディアについては会員向け記事でも書いています(Androidにも同じアプリがあるらしい)。

まぁ、この辺はエコシステムを利用したものでもありませんし、今回の本題ではありません。

エコシステムを使った方法

Appleのエコシステム、特に AirDrop では写真だけでなく位置情報やURL、連絡先情報を転送することができるため、それを利用したマジックをたまに見かけます。
(なお、私の周囲ではこれらの機能を日常的に使う人が多いため、現象として成立しなんですけどね…)

エコシステムとは少し違いますが、iOS にはデフォルト機能でショートカットから Siri の受け答えを設定できたり、あまり知られていないマジックに使えそうな機能が結構あります。

(ちなみに私はマジックとか関係なく、特定アプリで特定動作をさせるためのショートカットを幾つか設定したり、Mac の Automater も10年近く使っていたりで、自動化系のアプリケーションを使うのが結構好きです)

市販品のスマホやその周辺機器を利用するのは安定性が高いほか、電波法など法的な観点からもメリットがあると考えています。

特に Apple はデバイス同士の情報のやり取りが優れていますし、今回紹介するのもその中の機能の1つです…

トリック・クラス向けコンテンツ

会員クラスが「トリック」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧できます。

まとめ

最近交流のある人は大体 Android ユーザーなので検証がまだ上手くできていません\(^o^)/

9月中旬以降に(ワクチン接種者のみ)で研究会を予定があるので、その時に改めて検証したいと思います。

この記事を書いている途中で、遊びに来た知人が iPad を持っていたので色々試し所、予想以上に応答性などが良く、これはもしかすると普通に使えるかも知れません。

余力があれば、デバイスのセンサ類を利用したアプリを開発してみたいですね…