催眠をやっていると、他の催眠術師では掛からなかったと自己申告をしてくる人がちょいちょい現れます。

で、実際に催眠誘導をやってみると割と簡単にできてしまう…って話は何度かしていますが、今回はそこについてもう少し掘り下げてみようかなと。

個人的に他の催眠術師が失敗した人に対して催眠誘導をするのはローリスク・ハイリターンで、ほぼメリットしか無いと考えています。

※今回は敢えて「催眠術」という定義の曖昧な単語を使っています。

何故催眠術に掛からなかったのか

基本的に術者の技量不足…ではなく、知識或いは認識不足が主な原因だと考えられます。次点で説明不足、その次にラポールが構築できなかったことが挙げられます。後者2つについては技量に含まれるかも知れませんが…

知識や認識不足による催眠体験の欠如は半世紀以上前から指摘されており、21世紀の現在でもその様な状況を見かけます。そもそも、知識や認識を正しく持っていれば「催眠術に掛かったことがない」ということが滅多に起こらないはずなんですよね…

実際にそういう人が私の眼前に現れている以上、知識・認識不足の催眠術師が今も存在するのは間違いありません。

認識の相違

マインド・クラス向けコンテンツです

会員クラスが「マインド」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧ができます。