メンタリストといえばリーディングみたいな印象を持っている人は少なからずいると思います。

今回はリーディングの精度が上がるかも知れない要素について簡単に触れます。

ちなみに、コールド・リーディングのテクニックではなく、相手の緊張やパーソナリティーを観察から読むことを想定しています。

(コールド・リーディングは言語的なテクニックがメインというのが個人的な認識です)

モチベーション

程度の差はあれど、人間は他人のパーソナリティーを外観から判断する能力を有していると考えられてます。

そして、高い精度でそれが分かる人と、そうでない人の差は知識量ではなく、モチベーションの差であると一部で言われています。

この辺の話は過去の投稿でも言及していますね。

要は、占い師や自称霊能者はリーディング能力が直接的に金銭に関わるため、常人よりも高いモチベーションを持っていると考えられます。

失敗できない状況を作り出すか、成功したら大きなリターンが出る状況などに自分を置くことで、リーディングの精度が上がるのではないかと。

なので、何らかのトリックを使って100%当たる安全な状態を作ってからリーディングを行っても、そこまで上達しない可能性があるんですよね…

Max Maven がクラシック・フォースを上達させるコツについて「絶対に失敗できない状況でやる」のを挙げていますが、それと同じと言えます。

ただ、そこまでしてリーディングを強化したいかは人によりますし、少なくとも私は多少リーディングが出来たところで…と思っています。見せかけの芸である以上、別に本物である必要はない…って感じですね。

次の要素からが今回の本題なのですが、基本的にモチベーションが最も大事であることは変わりません。で、そのモチベーションによって行われるリーディングの精度を上げるための心構えとか習慣的な話になります。

マインド・クラス向けコンテンツです

会員クラスが「マインド」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧ができます。

余談

パリピ強し…(超雑)