前回の続きです(^ρ^)

引き続き、催眠でよく言われていること、というか言われていたことと現代的アプローチについてのお話です。

今回のテーマは「トランスの深さ」について。

トランスの深さ

トランスという言葉自体が現代的アプローチではほぼ使われていないことからも分かるように、トランスは概念的にやや問題がある表現です(今でも催眠術をやる際に「トランス」や「催眠状態」という言葉は使われますが、これらは実体が無い割に伝わりやすいことが理由でもあります)

そして、あくまで主観ですが、深度(深さ)についてもやはり誤解が残っているような感じがします。

古典的アプローチでいう、軽・中・深

古典的アプローチではよく、軽トランス、中トランス、深トランスという言葉が使われていました。

軽トランスではカタレプシー(硬直)の様な運動支配が起き、中トランスでは感情〜記憶の支配、深トランスでは幻覚が起きると言われています。

催眠の被験者はトランスの程度によって、深くになるにつれてこれらの現象が起きるとされてきました。そして、一部の人だけが深い状態へと入っていくとも考えられていました。

しかし、実際に催眠をやっている方は既に気がついていると思いますが、この考え方は少し古いですし、あまり正確とは言えません。

カタレプシーが起きずに感情支配が起きる人もいます。記憶の変化は無くても幻覚が起きる人もいますし、トランスが深くなるに連れてこれらの現象が起きてくるという考え方は実際的ではありません。

私が以前に遭遇したケースでは、カタレプシーや観念運動にほぼ反応が無かったものの、感情や認識の変化、幻覚が起きたということがあります。

マインド・クラス向けコンテンツです

会員クラスが「マインド」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧ができます。