先日Vanishing inc から発売されたルーク・ジャーメインのレクチャーノートのレビュー(と言う名の感想)。

TAROT PSYCHOMETRY

タイトルで分かるように、タロットを使ったサイコメトリー現象です。

ジャンルで言うとステージ向けのメンタリズム。現象を起こしつつリーディングがガッツリ入るジャーメイらしいルーティンですね。

現象を詳しく書くと原理が予想できてしまうので伏せますが、某古典的なメンタルマジック(orメンタリズム)でよく使われる手法が複数使われています。

トリック・クラス向けコンテンツ

会員クラスが「トリック」或いは「ラボメン」の方のみ閲覧できます。

まとめ

実演までのハードルが高いように感じますが、メンタリズムに手を出している人であれば基礎教養レベルなので、問題なくできるはずです。タロットに関しては別のシステムか方法を自分で考えればできるため、タロットを既に持っている人であればそう難しくないかと思います。

私は魅力的なルーティンだと感じたので、自分用に日本語に差し替えたマルセイユ版タロットを作りました(゚∀゚) 他の方法を考えても良かったのですが、PhotoshopとIllustrator、InDesignを組み合わせてPDFを作成し、印刷したものを貼って作りました。ついでにいうと、普通紙でも蝋を塗ればかなり良い感じになりました。

正直InDesignでPDFファイルを作る必要はなかった気もしますが、PDFあればコンビニで印刷する時も楽なので、一応用意しました。なお、元がスキャンデータなので販売する予定は全くありません。

来月くらいから実験的に行い、そのままルーティンに入れるかも知れません。