出演歴:

【木村昴・木戸衣吹】えっ、好き勝手やっても怒られないんですか!? 第17回

初の動画回に、初の声優以外のゲストとして出演し、パーソナリティーの2人に催眠誘導を行った他、ちょっとしたメンタリズムのパフォーマンスを披露しました。

視聴版:
【きゃにめプライム】木村昴・木戸衣吹 えっ、好き勝手やっても怒られないんですか!?/第17回『試聴版』

【関智一・今井麻美】オトナの科学ラジオ 〜科学ADV情報番組〜第7回

初の声優&ミュージシャン以外のゲストとして出演。

マインドハカー(※)として、関智一さんが番号を設定した金庫を開けたり、トリックや心理誘導を駆使したメンタリズムのパフォーマンスを色々やりました。
(※シュタインズ・ゲートに出てくる「ス−パーハカー」に掛けられた放送作家による造語)

【浪川大輔・KENN・岡本信彦】 めいこいラヂオ 浪漫deナイト#10

岡本信彦さんにマジックの指導を行う他、チャンネル会員向け放送でマジックの実演と催眠誘導を行いました。

その他:リアル・イベント

店舗イベントやパーティー、アングラな集まりなど、都内で条件さえ良ければどこへでも顔を出します。
(都外は要相談)

今井麻美さんより別番組で感想を頂いています(6:40~)

背景:

日本人の父、台湾人の母を持つミックス。

7歳からマジックを始め、14歳よりサイコロジカル・フォースと呼ばれる心理誘導技術を使い始めたことで精神的現象に漠然とした興味を持つ。

人間への興味が高まりすぎた結果…かはさておき、大学は医学部に進学。臨床心理学及び精神医学の講義でミルトン・H・エリクソンに興味を持ち、独学で催眠誘導を修得。日本で殆ど見ることが無いと言われるエリクソンの催眠、腕浮遊誘導などを再現する。

多くの患者を見る中、医療現場が合わないことを自覚。「医師はもっと向いている人がやるべき」と考え、人間をより豊かにする分野へと目を向け現在に至る。

幼少期から言語の異なる人物との接触が多く、更に10年以上の海外生活をした経験から、視線や身体表現を使った非言語コミュニケーションに長けたことも現在のパフォーマンスに生きている。

名前の由来:

某配信サイトで「ピエール」と呼ばれたことがきっかけ。フランス語由来のため綴はJEAN

「近代奇術の父」と呼ばれる、ジャン・ウジェーヌ・ロベール=ウーダンにあやかったわけではなく、カードマジックの名手ジーン・ヒューガード( JEAN HUGARD )、詩人のジャン・コクトーの影響でも無い。

極稀にトニー・ジャン氏と間違えられるが、全くの別人である。

フルネームが"Jean Paul Charcot"という設定は大催眠の提唱者Jean-Martin Charcotと『虐殺器官』(著:伊藤計劃)の登場人物ジョン・ポールにあやかっている(現在この設定は全く使われていない)