レビュー:reinCARDnation

やぁどうもおはようございます月ノ風です

マジケおつかれさまです!
私は参加してなかったけども!

いやぁいいですねぇマジケ。資料たちがマジックショップで販売されることを期待してます。
ツイッターで流れてくる情報からすると、参加するときの予算は10万くらいあったほうがいいんだなって・・(色々欲しがる人)

あと開場10分足らずで売り切れたりもするとか・・ひぇ・・そんなん並んでても買えないレベルですやん・・
人ごみ苦手勢なのにいけるのかわし・・

参加したいなぁと思ってはいるんですけどねぇ・・うーむ、提供できるコンテンツこれといってないのがなぁ
まぁ、普通に客で行くかもしれない

さて、今日のレビューは前回のトーンアンドレストアの流れを継いでます。
私が知る中でちょっと面白い特徴を持ってるものです。まぁあんまり知ってるものがないので偏ってるんでしょうけど

 

reinCARDnation

このDVDがというか、この人のTnRが面白いのかもしれない。
残念ながら私はこのDVDしかまだ持ってないので、他のも買ってみてみようかなと思ってます。

が、とりあえず今はこれ

Kris・Nevlingさんの作品で、レギュラーカード一枚でやるトーンアンドレストア
他の手法というかバリエーション?のDVDもあるようで、それらを買ったら比較したいところ

私が知る限りでは、レギュラー一枚でやる手法に挑んでるのはこの人だけです。とはいえ私が知ってる範囲なんて本当に狭いので他にもいるんでしょうけど(教えて欲しい)

これいつ買ったんだろう・・初期もいいところちゃうかな・・このレギュラー1枚だけでやるっていう特徴はずっと覚えてた・・

レビュー

過去に見たときは「あぁ、やっぱ無理があんねぇ」って思ってたんですけど、今見返すと中々いいなぁと

レギュラー一枚でやるという都合上、問題になるのは終わり方なんですけど、ここが過去の自分的に引っかかってたんでしょう。
確かに手渡しできないのでその理由(演出)が必要になります。ここは今の自分でもやや辛い

でも手順構成は結構上手い出来だなと
自分の抽斗にないのでようこんなん作ったなって感心します。
みせる部分と動きの繋がりが途絶えてないんですよ。苦しい動きをしないんです。それだけですごい

破ったように見える工夫とか、戻すためのハンドリングとか、「ほー」ってなります。
持ち方が異様に不自然って程でもないし、ようやるなぁって

いやまぁ、最後のピースはやや苦しいし、検められないので破いて消すってことをしてるんでそれもややきついんですけど
それ以外の出来がいいし、最後のピースも復活した感を増すためのアイデアが紹介されてます。そしてその見せ方がこの手順上での最適解なのではと思います。

みせるために使った動きや状態を最大限使ってる感じがいいですねぇ・・今みると割と評価が変わった作品です。

 

ただまぁ、やはり検められないというのは結構な弱点で、いわばマジシャンの挑戦みたいな作品ではあります。
客にみせるために用意できるなら、ちゃんと全部復活するやつやればいいとおもいます。「なんかやってよ」でTnRやることほぼないでしょ多分。まぁ前回も触れたように、喋らなくてもストーリーが展開される現象っていうのはやりやすいとこありますけどね、相応の納得感をもったエンディングできないとつらいものがあります。

でも、この特徴は中々得難いものがあると思うので、練習しておいてもいいかもしれない。終わり方の苦しさを解消できればそこそこ使えそうなマジックです。
ちょっとした注意点としては、トランプが線対称の柄だっていうのを利用してるので、名刺やらの他のカードでできるかというとそうでもないってとこですね。勢いで誤魔化せるのかもしれないけども(ブランク面があるならそっちを使うことになる)

おわりに

この作品の動画ではサインカードを使っていますけど、個人的にはサインカードを破るのはあんま良くないと思っていて、すりかえてない証明としてなんか書くなら記号とかでいいと思いますし、別にずっと目の前でやってるんだからサインなくてもいいと思います。

リフォーメーションのサインとか厳しいものがあるし

そもそも他のマジックでもですけど、サインカードを「世界に一枚だけ」と言って不可能性を上げるために使うこと自体あまり好きじゃないです。
世界に一枚っていうのは別にいいんですけど、じゃあそれを大事にしてくれって
名前が書かれた物なら曲げるのもどうなんって

まぁ、そこまで気にしなくてもいいって人もいるだろうしそれはそれなんかもしれんけども

個人的には「んーむ」って感じです。

人それぞれのやり方でしょうけどね!

 

さて、締めますか
次回はおそらくMHさんのレクチャーの感想になります。
ただ、私が学び取れるものってほぼないと思うので、「しゅごい」って言ってるだけになりそう

ギミック作ってこなかったからもうなにも分からない作れない誰もお前を愛さないみたいな感じになりそう

でもまぁ、触れてこなかった分野だからね、刺激量も多いやろという期待を持っていこうと思ってます。

ではではまた次回

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事