レビューしようと思っていたものが間に合わ無さそうなので、個人的な経験をシェアします。

去年から都内某所で定期的に余興をする場を貰っており、特に反応が良かった現象を3つ紹介します。

同じルーティンをやる同業他社(他者?)が増えると困る気もしましたが、セリフや演出は各々変わってきますし、有名なルーティンばかりなので、実際のところはほとんど影響がないと思います(゚∀゚)

客層と規模

まず最初にこれを書かないと意味がないと思うんですよね…「これ受けました」みたいな話をよく目にしますが、客層と規模が分からないと情報としての価値がないと考えています。 少なくとも、私はそれが分からないと自分の環境で使えるか判断できません。路上でやって小学生に受けたのと、バーでやって高齢者に受けたのでは意味合いが全く変わってきます。ワンマンショーだったのか、イベントの本筋は別にあって余興として出たのか…

客層

メインの客層は以下の2種類です。

  • 50歳前後で企業の代表や役員とそのご家族
  • 30〜40で比較的裕福な人(女性が多め)

和食料理店の日本酒会なので未成年はおらず、経済的に余裕のある方がメインです。また、店長の知人関係などから20代の方もいますが、メインではありません。

規模

14〜20名で4テーブル+α。スペースがあまり無いのでホッピングには不向きで、パーラー系をやるしかない環境です。

スタンドアップでテーブル無し。横に広く、一番近い人まで1メートルも距離がありません。なのでパーラースタイルでやりつつ、使う道具はクロースアップに耐えうるものである必要があります。

反応の良い現象3つ

ここからが本題です。最初に客層と規模を書いた意味がないくらいベタです(ぉぃ)

1.ブックテスト

未だに「本を使ったやつが〜」と言われるくらいです。

リチャード・オスタリンド、ルーク・ジャーメイ、泡坂妻夫、マックス・メイビン、長谷和幸…etc. 色々なバージョンをやりましたが、どれも反応が良かったので、これはブックテスト自体のポテンシャルだと言えそうです。

少し用意が必要であるものの、オスタリンドのブックテストが環境的にやりやすいと思います。ルーティン名は「マガジンテスト」で、マインド・ミステリーズの1巻に収録されています。

基本的に神保町でやることが多く、参加者の中に出版関係者がいることもあるので、泡坂妻夫のブックテストは選択肢から除外されがちです。知らない人が相手には絶大な効力を発揮するので、事前のリサーチ等でできそうであればやるスタンスです。

2.ウィッチ・ハンド

ギミックの有無問わず、ウィッチ・ハンド系も受けます。

オープニングでやることが多いです。見た目的にわかりやすい、現象が比較的早く起きる、繰り返せる、と何かと便利です。マスケリンの指輪的なルーティンと組み合わせたりもできるので、応用が効くのも良いところです。

最近だとV2の影響でやる人が増えそうですね(?)

ノンギミックなら、V2よりもTWINSの方が個人的に好きです。というか、V2は良いルーティンはほぼギミック必須なので、単体での強さはあまりないと感じています。V2のレビューを以前に書いているので、気になる方はそちらを御覧ください。

3.DESIRE / ABOUT FACE

どちらもマックス・メイビンのルーティンで現象もほぼ同じですね。規模と演出が違うだけで。

事前の準備がほとんど必要ないため、出番が終わってから最後に何故かアンコールがある時など、急に何かやる必要がある時にも使えます。特にDESIREは名刺があれば出来るので、持ってさえいればできますし、名刺を配れるメリットがあります。

DESIREはPRISM(書籍)、ABOUT FACEはKayfabe(DVD)に収録されています。後者に関してはハンサムジャック・エトセトラにロブ・ザブレッキーの改案があり、そちらを参考にしています。

まとめ

メンタル系の鉄板ネタはやはり鉄板ネタだなと。単に自分のキャラとの兼ね合いもあると思いますが、この3つの系統は妙に受けが良いですね。

あと、普通のカードやコインを使ったマジックよりはメンタル系が受けるのも、客層によるものだと思います…

自分よりも若い人に読心術をやられると嫌がるみたいな話もありますが、私は心を読むという演出を極力しないようにして、その辺の問題を回避するようにしています。まぁ…現在の肩書が株式会社の代表取締役社長なので、相手と対等に近いポジションにいるのが最大の要因かもしれません。メンタルエフェクトに限らず、ラポールって大事ですね(゚∀゚)

カードやコインは比較的若い層に受けている印象です。ESPionageもどちらかというと若い人に受けます。これはおそらく、現象のテンポについて来れるかどうかに掛かっていると予想されます。

空間的な制約で試せていませんが、PKタッチ/ ゴーストタッチ系も受けそうではあります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事