6/23に開催された眉村神也氏による『元いじめられっ子のDaiGoをスターに変えた【メンタリズムコミュニケーション・ワークショップ】』に潜入してきました。詳細はこちら

メンタリズム コミュニケーション・ワークショップ

名前の通り、コミュニケーションについてのワークショップ。

武道場(体育館)を利用して、飛んだり跳ねたり転がったり声を出す、正にワークショップが行われました。申込みが200名を超えていたらしく、当日もかなり人数を絞っていたようですが(半分以下に)、それでもかなりの人数がいました。

内容

https://ch.nicovideo.jp/jinya3/blomaga/ar1775990 このURLに飛ぶと具体的な内容は書かれていませんが、Twitter上ではある程度の内容が紹介されていました。

これはあくまでも事前のアナウンスであり、実際に行われた内容は微妙に異なりますが、ほぼこの通りの内容が行われました。

オープニング

最初に挨拶と、注目を集める方法、ジェスチャーについての話から始まりました。

それから、ワークショップを始める前に、会場に集まった人の緊張をほぐすための簡単な運動(?)的なものみんなでやりました。アンソニー・ロビンズが本番前にやるような感じのアレにやや似ています。

自己紹介について

どのような自己紹介が効果的なのか、立ち居振る舞いやジェスチャーについての解説がされていました。メンタリストDaiGoに指導する際、一番最初に注意した部分もここにあったとかで、これが出来るだけでもかなり印象が変わってきます。

また、第一印象がどの様に見られるのか、プレゼンが相手に与える印象についての確認などが行われました。

ラポール

ラポールという単語は使われていませんでしたが、ラポールを築くワークショップや、初対面で心の距離を近づける方法についての実践がありました。

FBIや軍隊でもやってると噂のあれとか!

相手に自分の声が届いているのか、相手の声を聞き取ることが出来るのかというワークショップ。届く声の出し方、適切な声量や発声が分かるようになります。

これに関しては、ニール・ストラウスの本にも似たような訓練があります。ここで行われたのは、多人数ならではの方法でした。

ちょっと時間軸が前後していますが、他に小ネタと言いますか、メンタリズムの歴史や、裏話、日本の状況(とコミュニケーション能力の問題)についての話が盛り込まれていました。

懇親会?

ワークショップ後に、希望者を対象に懇親会(?)が行われました。22時半頃から1時くらいまでやっていたので、ワークショップよりも長かったですね…(゚∀゚)

時間の関係でワークショップに盛り込めなかった内容や、質疑応答などにかなりの時間が割かれていました。個人的にこっちが本番なのでは?と思うレベルの内容の濃さでした。質疑応答というよりはほぼ少人数セミナーのような感じでした。相変わらず質問には何でも答えていました。

 

特にメモを取っていたわけでもなく、記憶が超曖昧ですが、印象に残ったところをざっと書くとこんな感じでした(ぉぃ)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事