ごきげんようAliceです。
最近めっきり熱くなってきましたね。びっくり。まだ5月なのに…!

最近人と会う機会が増えたのですが、やってみたいことができたんですよ。
ピックポケットとギャンブリングデモンストレーションを…やってみたいなって…(言うだけはタダ)

きっかけ

そもそも何でやりたいのよ?って話なんですが、単純に人に向けてやったら面白そうだからです。
一人でシコシコやりたいわけではない。
なんで今更なのかというのは、単純にここ1か月くらいで人と会うようになったからです。交友関係を意図的に広げているんです。誘われたら断らないとか、そんな感じで。

男性と会うと、カバンを持たずポケットにお財布を刺してる人が多いのですが「これ取ってからかったら面白そうだよな~」って思ったかのがきっかけです。それだけ。

女性はみんなカバンなので難しそうですね。仕事帰りの人であればスーツなので、スマホを上着のポケットから取るくらいはできそうですが。

ピックポケットとギャンブリングの理由

ピックポケットは上記の通りの理由で、それ以外の理由は特にないです。
強いて言うならここの管理人にやられた時に「あ、本当にできるものなんだなぁ」と、実現できることを知ったからかもしれません。まぁスリとかもありますしね。

ギャンブリングは何となくですかね…。リチャード・ターナのDVDを見てから興味があったのと、涼しい顔していかさまをする快感を得たいから。
色んなボードゲームに応用でる点も非常に良いですよね。トランプだけに縛られない分、いろいろな場面で使えそうです。
まぁ、ピックポケットをやるなら他のあやし~いイカサマができたら追い打ちできそうで面白そうだなぁと思ったのです。それだけ…。

それでもマジックは嫌

マジックは覚えたくないですね!!!ヤダ!!!!!(大の字)

個人的な感覚かもしれませんが、マジックは「相手に見せるべくしてできたもの」じゃないですか。
でもそれは別に習得しなくてもいいんですよ、私の私生活に置いて何にも使えなさそうだから。人に見せるものなのに、そこから大きく会話が広がるわけでなし、声をかけるきっかけになるでもなし。あまりメリットを感じないんですよね。
なのでマジックは別にいいかなぁと前々から思っているんです。宴会の一発芸程度には覚えても良いかもしれませんが…。

そんなこと言ったらギャンブリングだって使う機会がないじゃないのよ!と思いますよね。私も思います。ただ、私の私生活においては明らかにギャンブリングの方が有意義なんですよ。
まず友達とカードゲームをする機会がいつかはある。旅行の予定があったりもするので、その時夜にやろうね!ともよく話しますしね。

それから普通に私が気持ち良い。

気持ち良さ重視

この記事を書いていてようやく気付いたのですが、多分私は私自身が気持ち良いかどうかでピックポケットとギャンブリングを選ぼうとしているんでしょうね…。マジックのように「あなたのためにやってあげる」というサービス精神が皆無なのかと思われます。見せるためにやりたいわけじゃなくて、人を欺いてゲラゲラ笑いたいだけという…おっ?もしかして最低??

周りの人にも「マジックやりなよ!せっかく教えてくれる人もいっぱいいる恵まれた環境なんだし!」と言われ続けています。断り続けていた理由も多分、別にマジックやっても私が気持ち良くならないからいいや…って気持ちだったんでしょうね、今思えば…。

ちなみにここの管理人のJも「気持ち良いからマジックしてる」と言っていたような気がします。観客の反応を見て気持ち良くなりたいんだとかなんとか。初めて聞いたときは何言ってんだこいつと思ってたんですが、この記事を書いてようやく気持ちがわかりましたね…。分かる分かる、間抜けに驚く相手を見て爆笑したい。

唯一やりたいマジック

折り鶴を手から消すマジックを覚えたいですね…。これは以前Jに「やって!!!」と言ってやってもらいました。

https://twitter.com/clownAlice/status/1119196595604430849

好きなゲームのキャラクターがやるのですが、その関係のオフ会にもかなり参加するので、そこで出来たらいいなぁと思うことがしばしば。そのうえオフ会に使えそうな場所が近くにできるので、これだけはちょっと覚えようかと検討中でもあります。Jに方法を聞いた限りだと、金銭的に結構大変そうですが。

目的が定かだとマジックも覚えてみようかなぁという気持ちになりますね!ちょっとマジシャンの気持ちがわかったようなそうでもないような気がします。

でもマジックが何かの会話や関係性に発展することは滅多に無いので、ナンパにはオススメしないし、モテもしません。
皆さんも現実的な目標を持って頑張ってくださいね…。

(Alice)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事