お久しぶりです。多忙により間隔が超空いてしまいました。

去年購入したゆうきともさんのユーキャン「大人のマジック講座」全て見ましたが、メッチャ良いですね。私みたいにフラリッシュやカードばっかやってきて、知識もテクニックも偏ってる人にはもってこいの教材です。

内容

以下ユーキャン公式サイト)21の演目の名前は全てのっています。
https://www.u-can.co.jp/otona/life/1418/index.html

内容は、簡単に言うと、

  • ハンカチとコインを同時に使用したマジック
  • ブックテスト、予言などのメンタル系
  • カードマジック
  • カップアンドボール
  • ロープマジック

で、ほぼ完全クロースアップ、おそらくマジック未経験の初心者でもできる内容です。
道具はDVD2本、赤青バイシクル、レギュラーのロープ、CD(オリーブの首飾り)、カップアンドボール、本(DVDと同じ内容)で
クロースアップマットはついていませんでした。

良いと思える点

  1. 「すべての実演映像で客が存在する」
  2. 「2〜4つのマジックを1つのルーティンとして演じている」
  3. 「ゆうきともさんがクロースアップ専門なので(当然だが)超上手い」
  4. 「いかにシンプルな現象が大切かわかる」

この4つですね。

1.すべての実演映像で客が存在する

このような有料教材では、実演時ほぼ確実に「お客役」の人がいます。
なので、「このセリフをここで喋って、客がここでこの動作をする」という「間」がとてもつかみやすいです。

あと、こういうDVDの実演全体に言えることですが、「演者がセリフを大切にし、ゆっくり実演する」ことを重要視しているように思えます。

最近はビジュアルに、テクニックをパッパッと早く見せるのも流行りですが、このような一流クロースアッププロが監修している、初心者向けの有料映像は、とにかくゆっくり丁寧に見せることに重点をおいていると感じました。
(同じことが、テンヨーの「ふじいあきらのスーパーコインマジック」、ヒロサカイさんの「DVDで覚えるカードマジック入門」などにも言える)

解説映像も、後ろからの撮影の映像など、分かりやすいものばかりです。

2.2〜4つのマジックを1つのルーティンとして演じている

こういう教材では、マジックを一つずつ単独で実演していることが多いです。しかし、ユーキャンでは複数のマジックをワンルーティンで実演しています。

なので、このマジックで使った道具を、このような理由で、次のマジックにつなげる
というのが、セリフと共にすごくわかりやすいです。

前述の、テンヨーふじいあきらさんのスーパーコインマジックもそうですが、ワンコインルーティン→ジャンボ500円の流れがメッチャ分かりやすいです。しかも、ジャンボコインの扱いまで数パターン詳しくのってます。

やはり一流クロースアップの人が監修している教材の凄さが分かりますね。

3.ゆうきともさんがクロースアップ専門なので超上手い

これは言うまでもありませんが、クロースアップの教材はやはり一流クロースアップご専門の方が作るのが最高だと考えますね。

特に、ゆうきともさんはマンスリーマジックレッスンというマジック専門の教材を、もう100以上(私も一巻もってます)、出していらっしゃって、しかもマジックの現役講師というマジック界では超有名講師です。

テクニックだけでなく、セリフの運び方についてもやはり一流と感じます。

4.いかにシンプルな現象が大切かわかる

この講座は初心者向けですが、現象はシンプルで、マジシャンがみても感心するようなものばかりです。複雑怪奇な手順は一切ありません。

ハンカチ、コイン(日本円)、チラシ、紙コップ、ペーパーナプキンなど、身近な日用品を使ったものも多く、手軽に日常的にできるのばかりです。

手品見せて!と気軽に言われたときにできるものが多いです。

結論

やはりゆうきともさんはすごいですね。

これでゆうきともさんに興味を持った方はある程度他の教材で勉強するなりなんなりして、MML(マンスリーマジックレッスン)に移行した方がよいと思われます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事