ごきげんよう、アリスです!
3月に入ったというのにまだまだ真冬みたいに寒いですね。
最近何を着ればいいのか困っています。

さて、今回はタイトルの通りのお話を。
最近とある人と話していて、「日本のマジシャンはコメディよりの人しか居ない(ように見える)」といった話になったのです。

ちなみにその後全くのド素人の友人にも聞いてみましたが、やっぱりみんなギャグ寄りな気がするとのこと。

私から見た日本のマジシャン

どういうこと?と疑問を抱く方が大半だと思うのですが、そもそも私とこのブログを読んでいるマジック等に興味があるであろう皆さんとでは、知っているマジシャンに大きな差があります。

私の中で最新のマジシャンはセロですし、ド素人の友人にも聞いてみたところ、彼女の中で最新のマジシャンはミスターマリックでした。
見ているTV番組に多少左右されると思いますが、一般人が知っているマジシャンは本当に少なく、少々古いです。

他に知っているマジシャンは居るか話合ってみたのですが、本当に全然浮かばないんですよ。しいて言うならDaiGoが話題に上りましたが、彼はメンタリストであってマジシャンではないし。
後々マジシャンに「マギー真司は?」と聞かれましたが、私とド素人の友人はマギー真司をお笑い芸人だと思っていました。

私が見たいマジシャン

そしてここからが本題なのですが
日本のマジシャンはコメディアン寄りの人ばかりではないですか?
(海外勢は良く知りません、私はパンピーなので。英語を聞いても良く分からないから、わざわざ字幕でマジックを見るなんてことはしないしね……。)

私はもっと不思議さに全振りしてほしいんです。
不思議な体験をするのに、どうして笑いが必要なんでしょう?

リラックスするためと言う方もいらっしゃると思いますが、緊張している方が不思議な体験のインパクトは大きくなると思います。
突然異世界に飛ばされたって緊張するし、突然魔法が使えるなんて言われたって緊張するし……不思議なことができる、または起こる、起こったと分かったとき、フィクションの物語の主人公は緊張していますよね。
本当に不思議な体験だと思わせたいのなら、笑わせるより怖がらせる勢いで接する方が、エンターテイメント性が高い気がするのです。
……もちろん、好みもあるでしょうが。

とにかく、私はそういう「コメディアン寄りではないマジシャン」を見てみたいのです。

日本のマスコミに取り上げられるマジシャンは、お笑い芸人のように笑いを取る人が多い印象です。
まじめだと思っていても謎のキメ言葉で台無しですよ、せっかく不思議だったのに……。

身の回りのマジシャンは、軽いノリでマジックをする人が多かったり、みんな謎の笑いを取るトークの時間があったり(しかもだいたい長い)、とにかくどこか笑わせに来るのが残念だなと思っています。
もっと気持ち悪いと思えるくらいの体験がしてみたいのに、しょーもないギャグで急に冷静にされてしまう。

日本はコメディアンの方が売れる傾向にあるのでしょうし、マスコミもお茶の間を明るくできる人の方が使いやすいのでしょう。
謎のキメ言葉はマスコミによる指示だとも聞いたことがあります。
私は日本のマスコミが売り出すマジシャンしか見ないのに、そうするとちょっと寒い芸人みたいな人しか居なくなってしまうジレンマ。

ちなみに日本で売れてる人たちの中ではセロが好きなのですが(他の人をそんなに知らないのもありますが)、理由は無駄な笑いを取りに来ないからです。
でも「サプラ~イズ!」は言わなくていいと思う。

 

Twitterでハーフダラーか500円玉か?の争いが勃発していた時から今までずっと感じていましたが、皆さんはきっと、日常の中にちょっとした不思議を混ぜ込みたい傾向にあるのだと思います。
現代でも魔法はある!みたいな感じにしたいのかなぁと思って見ています。

余談ですが、ハーフダラーか500円玉かの争いに関して素人の私から一言申し上げるならば「すごくどっちでもいい……。」です。
500円玉で失敗する可能性がるなら慣れてるハーフダラーでやって貰えばいいし、飲み屋で即興でやるとかなら500円玉でやってくれればいい。
わざわざ自分からコインを取り出すのだから、500円でもハーフダラーでも構いません。
だって普通はお金のやり取りがある時しかお財布を取り出さないし、ましてや500円玉なんて取り出さないもの。
どっちだっていいです。

 

話が逸れてしまいました。

マジシャンの目指すところと私が見たいマジシャンとでは大きな差があることは分かっていますが、それでも私は不思議さや気持ち悪さに全振りした日本人のマジシャンを見てみたいです。

どなたか目指してはくれませんか、コメディ要素一切無しのマジシャン。
もし目指してる!という方がすでに居たら教えてください。

 

(Alice)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事