Hive Mind by Matt Bakerの感想

今回もまた少し前にPenguin magicで購入したレクチャー動画の感想です。

ちなみに、少し前からメニュー(PCなら上、スマホなら左上or左下のメニューボタンから展開)の一部が変更されています。お気づきでしょうか?まだそちらのコンテンツがあまり充実していないため、現在そちら用の投稿もいくつか下書きに入れていますが…思ったよりあのフォーマットで書くのって難しいですね…若干苦戦しています…

話を戻して…

Hive Mind by Matt Baker

観客2〜3人を相手に行う、コイン4種類(それぞれ5〜7枚)と紙とペンを使った予言現象。

観客AとBがコインを2種類ずつ選び、観客Cが紙に名前やコインの種類、予言を書きます。4種類のコインを混ぜ、AとBに適当に分配し、適当な枚数をAB間で交換させ、最終的に決まった枚数が予言に書かれていた枚数と一致します。

紙には予めいくつかの言葉を書き込まれていて、穴埋め問題みたいになっており、観客の一人がその部分に名前や選んだコイン、予言の数字を書き入れて行くスタイルです。また、予め書かれている部分は特に隠してもいないので、記入している人とそれを見ている他の観客が分かる仕様になっていますが、その状態で予言が成立するというスグレモノ。(要はスイッチや後から書き入れたりをしません)

これより会員向けコンテンツです
※表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。また会員レベルによっては閲覧できない可能性があります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事