「催眠術=暗示」と言うイメージを昔持っていました。

しかし、実際に催眠術をやるようになってからそれが余り正しいとは言えないように感じでいます。

例えばですよ…催眠術中によく使うセリフです

「指がだんだんくっついてきます」

「腕が棒のように固くなってきます」

「だんだんと力が抜けていきます」

「瞬きの回数が増えてきます」

「だんだんと瞼が重くなってきます」

「目の前のコップに入っている水の色が変化します」

「あなたは自分が猫になっていることに気が付きます」

と言った感じで、思いっきり具体例で説明しているんですよ…(上記のうち私が実際に使うセリフは3つくらいですが)

このエリアは会員向けコンテンツです
※表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。

ここまで書いといて言いたかったことは1つ。

「催眠術に暗示という印象は相応しくなく、マジックやメンタリズムの方がよほど暗示らしい暗示を利用している。」ということです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事