やぁどうもおはようございます月ノ風です。
どこかしらで名前を書かれるとき月の風になってることが多くて、いや別に指摘するほどのことじゃないけど随分と柔らかい印象になったなって思ってたりします。

さぁ今回のネタは久々のレクチャーに参加してってお話を!
レクチャーのって章分けみたいな事してましたっけ・・?いつものごとくこういうレクチャーは内容にあまり触れずにいくのでやはり感想に終始すると思うんですけど、まぁ少しだけ自分の考えに触れたりしていこうかと思ったり思わなかったり
どうなるだろ(書きながら考えて推敲あまりしない人)

スポンサーリンク

レクチャー

奥原 優さんのレクチャーに参加しました。
ご存知ですか奥原さん。ちょっと読者層分からなさ過ぎてどれくらいの説明いるか分からないんですけど、一言で言えば研究家ですね。(本人は自分をどう捉えてるか分からないけど)
で、ツイートをみる限りでは私の好む方向性も含めて色々と研究されているということでずっと興味を持ってました。レクチャーに呼んで欲しい人いる?って聞かれた時は奥原さんって答えてたレベル

今回やっと話を聞くことができたわけですよ。

感想としては良かったの一言です。
本人が言うには6~7時間分用意してきた(レクチャー時間は2時間)とのことで、話したりないと終始言ってたくらい幅の広いレクチャーでした。
実際もっと聞きたい。
あ、質問箱に質問したの私です()

大まかにはマジックを響かせるために必要なものについてのレクチャーって感じでしたね・・まさに私が普段考えてることです。
私が普段「この要素は必要だよな・・」と思ってたことなどが簡単に纏められてたりして、さすが熱意持って研究してる人は違うなと・・
理論書も何も読まず己の感覚頼りで模索してるようなやつとはもう姿勢からして違いますわ・・

全体を思い返すと、新鮮な刺激というよりは見落としてたものに気づかせてくれたというような感じで、あまり意識せずにやってたなとか、漫然と見逃してたなとか、そういう意識すべきものに変化が現れるようなレクチャーでした。自分の動きを見直そうかと思いましたよ・・おそらく参加して刺激を受けた人達はきっと皆そう。

 

奥原さんはマジケでレクチャーノートを販売されていました。川畑さんとの共著です。今回会場での販売があったのでもしかしたらまだ在庫があるかもしれません。気になる人は本人に連絡を取って購入してみるといいかもしれません(今回紹介された資料の内数冊、このレクチャーノートの中でも紹介されています)

ちなみに私はマジケに参加できなかったので実際に連絡とって購入しました。

刺激を受けて

考えることが幾つかできましたね・・動作の細かいところでも見え方が変わるってことを改めて感じました。こういう細かいとこを考えていくのもちょっと楽しいですよね。一緒に考えようぜって人名乗り出てくれてもいいんすよ()

あとそう、印象の要素についての話なんかもなるほどなぁってなったりして、自分が嫌がってた演技の仕方についての理解が進んだ感じがします。

これといって自分の手順というものを持ってないのでむしろ良かったのかもしれない。
今地味にアクト考えてますけど、とても参考になることが多かったです。個人的にまた話をききたい・・提供できるものないけど()

おわりに

家に帰ってからある程度カードの扱いにこだわった演技を、違うやり方を作りつつ何が気に入らないのかとか教わった手法使って自分の作りたい印象を残せるかとか試してみました。
意外と自分考えるときは考えてんだなって()
まぁ、それくらいすぐに取り入れられる考え方や手法だったってことです。知の結晶ですね。

 

またレクチャーがあるなら参加したいですね・・さすがに東のほうにはそうそういけないのでまた関西に来る時にでも・・!

 

さて、締めますか
実は内容を明かせない代わりに過去自分が考えてたこと書くかって思って途中まで書いたんですけど、長いし綺麗にならないので消しました。
まぁ、別に大したことじゃないやろ感
気が向くか気になるって声があればいつかどこかで触れるかもしれない。とはいえ奥原さんのレクチャーに参加したほうがよりよいと思いますけど

次回はそうだなぁ・・今地味に英語のDVDみてるので、「話してる内容は良く分からないけどタネ的に好きか嫌いか判断する」レビューをするかもしれない・・
レビューとしていいのかって気がするよね・・トリック悪くても実は言ってることめっちゃいいとかかもしれないのにね

まぁ、未定ですけど!!
ではではまた次回

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事