ギミック派とスライハンド派…それぞれにこだわりがあり、それぞれ好みがあり、どうもこの2つはどちらがいいのかという意見が対立しがちな印象があります。

 

見る方の意見としては「どちらも変わらない」です。

最早見る人がどうのこうのというよりは、マジシャンのポリシーや好みという次元の話だと思っています。

 

 

スライハンド派の人は「ギミックは甘え」という志向が多い印象です。

反対に、ギミック派の人は「楽だし疲れない」といった考えが多い印象。

 

 

私はギミックでもいいんじゃないの?派なのですが、理由としては「確実でストレスが少なそう」なためです。

もちろん使ったこともなく、ギミックに関しては知らないものが大量にある(知っているものの方が少ない)ので、すべてがそうではないのかもしれませんが…。

 

ギミックが駄目、という素人は少ない…というより、まず居ないでしょう。

そもそもお客さんはその現象がギミックかスライハンドかなんて分かりはしないのですから。

分かってしまったらマジシャンの技量不足です。スライハンド云々よりも、それ以前に問題があります。

 

どうせ分からないのなら、その現象に特化しているため確実性がありストレスも少なく、不可能性が高いギミックを使って良いのではないでしょうか

 

 

例えばショーなどでお客さんにマジックを見せる場合に、なぜ失敗のリスクが高く難しいストレスの多そうなスライハンドにこだわるのだろうか?と思うわけです。

 

 

お客さんに「見せて!」と言われたときに困るという人も居ますが、多くのお客さんはマジシャンに見せて!なんてなかなか言いません。

私もそうですが、「タネも仕掛けもありません」という類のセリフを聞くと「本当か?」と思ってしまうがために「トランプを見せてください」だの言ってしまうわけで、ギミックに疑いを持たせるようなセリフが無い場合は見せろという人はそういません。

 

 

 

実際に見た例ですが、とあるマジックを見ていた時に、机の上にあるガラスのコップが割れるという現象がありました。

しかしその机は、今までその人がマジックをしていた机が折り畳み式の椅子と机がセットのいかにもキャンプといった印象の机とは違い、真っ黒の机の上に小さなコップ一つを置き、その周りに机の大きさにぴったりのサイズのケース(割れたガラスが飛び散らないようにするもの)でした。

その上でコップが割れるのですが、お客さんの中に誰一人として「その机を見せてくれ」という人はいませんでした。

入れ替わり立ち代わりで、計3~4回のその現象を40人~50人ほどの人が見ていたと思いますが、一人もいませんでした。

 

 

逆に、ブックテストやアンビシャスカードなどで「この普通のトランプ」「この中古で買った本」というように一般のどこにでもある普通のもので、ギミックなんてありませんよ~という旨の話を説明した際は「見せてくれ」という人が居ました。

居たといっても1,2人ほどだったと思いますが。

 

 

つまり、明らかに怪しい状況でも、現象に気を取られてしまえばギミックなんて気にする余地もないということです。

仕掛けに関係する話を全くしなければいいのではないかと思います。

上記のコップが割れる現象も「ではみなさん、あれを見てください。」とあらかじめセッティングしてある机に注目をさせるだけ。タネも仕掛けもない机などという話は一切していませんでした。

 

 

 

スライハンドとギミックを併用している人に聞いた話ですが、スライハンドの技術があればギミックをスライハンドのように見せることが出来るそうです。

また、失敗した際のアウトとしてスライハンドの技術が必要なので、ギミックを使うからといってスライハンドを習得しなくてもいいというわけでは無い。

ギミックが駄目なのは、ギミック自体が駄目なのではなくて、そのギミックを使う人が良くない。失敗したときにアウトが用意できない技術不足が駄目なんだ。とも言っていました。

 

実際に、その人のマジックはギミックかスライハンドか分かりません。

 

また、その人が言うには「マジックの時も嘘をつかない」とのこと。

実際に演技中は、ギミックのある場合は特にそのことには触れず話し、ノーマルのデックの場合には「これヨドバシで買ったんですよ~」なんて話をしたりしていました。

 

ギミックを使う際に必要なのは、技術とセリフ回しなのかもしれません。

スライハンドとギミックを使用した場合とどちらも練習するということは、練習量が増えるということは、以外とスライハンドより大変なのでは…?

 

 

 

本番に向けた対策や、本番中での確実性、ギミックにかけるお金、練習量…様々な観点から見て、ギミックを使う人の方が「お客さんに見せるマジック」という点では圧倒的に配慮がしっかりしています。

 

スライハンド派とギミック派、なかなか譲れないポリシーもあるのかもしれませんし一概にどちらが良いというのは難しいですが、人に見せるならギミックを使った方が、メリットは多いのではないかと思います。

 

(Alice)

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事