レクチャーノートならぬレクチャー投稿をしますよ。という予告です。

内容はパルス・リーディングについてです。

スポンサーリンク

パルス・リーディングとは…

パルス=脈、リーディング=読む。つまり脈から読み取る技術を指します。

この単語でググるとちょっとオカルティックなサイトが見つかったり、英語だと医療系ばかり引っかかりますが、ここではあくまでメンタリズムやマジックの技術という意味でパルス・リーディングと勝手に呼んでいます(ぉぃ)

コンタクト・リーディングの一種で、詳しい機構は分かっていないものの、何故か分かる系の技術です。

血流は筋肉の動きによって生じているので、超広義のマッスル・リーディングとも言えます(多分)

元ネタ

オリジナル(?)は某著作権の切れている資料からです。

参考にした資料のやり方をそのまま教えたことがあるのですが、今の所安定してできる人が居ないようなので、今回は脈のとり方や個人的なコツを内容に入れる予定です。

基本原理

パルス・リーディングは脈診とほぼ同じだと私は考えています。

脈診は東洋医学の診察技術の1つで、脈を取ることで患者の健康状態を推し量る術です(割と適当なので気になる方は「脈診」でググってください)。

実際に脈診をするわけではなく、感触が似てるってだけで触り方などは違います。

大学時代に東洋医学の講義を受講していて、そこで脈診の練習をしたこともあるのですが、正直ほとんど分かりません\(^o^)/

パルス・リーディングは脈診に比べたら遥かに簡単です。

成功率

相手の要素によってかなりばらつきがあるものの、相性さえ良ければ100%読み取れます。

ピュアスキル系でよくある通り、成功するかしないかは相性がかなり関わってきます。

この手の資料は極端に少ない印象がありますが、マジシャンが確実に成功しないネタを好まないってのが大いに関係しているのかも知れません。

一応、アウトが用意できる手順を組むこともできます(本来のルーティンはテスト的な要素も強く、アウトを用意できる余地がありません)

プラットフォーム

有料会員コンテンツに入れる予定です。

ただ…まだ有料コンテンツが少ない(ってか全く無い)ので、別プラットフォームにて単品でも出します。

興味本位の人が閲覧するのを避けたいだけなので、とりあえずは単品でも1コインに収まる範囲の価格にします。情報量的にもそこまで多くないですしね…

また、今後ミニレクチャーをいくつかまとめてPDFかePub形式で販売する構想もあるので、会員になるのが面倒くさい人や別プラットフォームを利用するのはややこしいって人はそちらの利用もご検討ください。

 

ちなみに、決済方法として少なくともPayPalは使えたほうが便利ですよ…と言っておきます。今は銀行振替ができますし、利用はだいぶ手軽になりましたし?

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事