パルス・リーディングとは…

脈拍から相手の選択や心理状態を読み取るテクニックのことである…(嘘)

勝手に作った単語です!
調べたら実際にあるかも知れないのがこの業界の怖いところですが、ざっくり調べても医療系とすっごいスピリチュアル系しか見つからなかったのでそこまで定着している用語ではないと思われます。

パルス=脈、リーディング=読む
つまり、脈を読むってことですね!

ドラマ“THE MENTALIST”の主人公パトリック・ジェーンもたまにやっている、「科学的とは言えないけど〜何となく〜」ってあれを、勝手にパルス・リーディングと呼んでいます。

呼び方はあったほうが便利なので!

そんなことできるのぉ〜?って思うかも知れませんが、実は脈の変化を読み取るルーティンというものは実在しており、やり方もある程度解説されていたりします。

今回紹介するのはそんな脈を読み取る技術を使ったルーティンです。

最初知人から資料を教えてもらった時は「こんなん出来ないだろ…」って思っていましたが、実際に試してみたところ成功率はそこそこ良く、相性によっては100%分かることもあります。
(経験から言うと、女性相手のほうが上手く行きやすいです。考えられる理由は後述します)

なお、パトリック・ジェーンの様に相手が嘘をついているかなんてことは出来ていません。これは私の技量の問題かも知れませんし、そもそも不可能なのかも知れません。

きっかけ

正直、あまり広める気はありませんでした。

相手がいれば道具は何も必要がなく、更にピュアスキル系の現象です。しかも方法があまり知られてなく、最高に便利と来てます。

成功率は相性によりますが、そもそも純粋なスキルなので失敗は問題になりません(マジシャンはこういう考えが嫌いっぽいですがね)

ではなぜ、発表する気になったのか?

実は周りにやり方を知っている(簡単に説明した)人が数名いるのですが、現時点で安定してできているのは私だけという事情があります。

母数が少なすぎるため、これが再現性のある技術なのか、それとも訓練次第で誰でもできるのかが分からない…ってことで、今回やり方を投稿することにしました。

以下、特別会員用コンテンツです。

NOTICE!!
同じ内容をnoteにも投稿しています。まだ特別会員用のコンテンツが充実していないため、そちらから単品で購入するのもありです。
ここから先は会員専用コンテンツとなります
※続きを読むにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。
※会員の種類によっては閲覧できない場合があります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事