TwitterとInstagramは要注意!動画投稿で気をつけたい音楽の話

自分の好きな曲をBGMにして動画をアップしている人を見かけますが、彼らのやっていることは違法なのかどうかって話です。

はじめに

今回はJASRACの管理楽曲を使う場合の話です。他団体が管理する楽曲については個別に確認を取る必要があります。

また、現在の法律では親告罪であるため、楽曲の管理元や権利者から訴えがない限りは罪に問われることはありません。罪に問われないからと言って違法行為をしても良いと思うかは個人の感覚に委ねられますが、リスクがあることは十分に承知しておくべきです。

結論から言うと…

結論から言うと、「PVやレクチャー、商品の宣伝」の場合、楽曲を無断で使うのはアウトです。

「こんなの考えたんだけど、見てくれない?」みたいな、非営利目的でのアップロードであれば投稿先によってはセーフとなっています。

投稿できる動画共有サイト→JASRACと利用許諾契約を締結しているところ

詳しくはJASRACのページを御覧ください。

YouTubeとニコニコ動画は問題なさそう

JASRACと包括契約をしているサイトで、有名所だとYouTubeとニコニコ動画があります。ガイドラインに沿っていれば問題なくJASRACの管理楽曲を使用することができます。(但し、YouTubeの場合、他者の管理楽曲を使うと収益化はできない)

TwitterとInstagramはアウト!?

JASRACのページを見る限り、TwitterはJASRACと利用許諾契約をしていないため、Twitterに動画をアップする際は目的問わず無断で使用することができません。

Instagramも同様の理由でBGMの無断使用はNGだと言えます。

そもそも、TwitterもInstagramも動画共有サイトでは無いですしね!

注意したいのは2つ:

  1. 「特定の企業や製品、サービスを宣伝するもの」ではないこと
  2. アップロードするのが個人であること(企業や団体の場合は、使用楽曲が内国曲のみであること)

これらが守れない場合、フリー音源を使うか音源を一切使わないのがベターです。

動画の埋め込みについて

個人が運営する非営利サイトは許可不要?

これもJASRACのページを見ていただけたら分かります。

ここは駄目…?

ガイドラインを見る限り、当サイトはGoogle AdSenseとアフィリエイトが入っているので、JASRAC管理楽曲が入った動画を直接埋め込むことができません…\(^o^)/

結論

Twitterには無断でアップできない!

もしTwitterに動画をアップしている方で、JASRACの管理楽曲を使っている人は気をつけてください!

Twitterに動画を投稿する際はフリー音源か、オリジナルなどの曲を使うしかありません。

親告罪なので権利元から訴えがない限りは何か起こることはありませんが、違法状態ではあります。

YouTubeからTwitterへの埋め込みはOK

Twitterに直接アップすると著作権の問題がありますが、少し調べてみたところYouTubeに上げたものをTwitterに埋め込むのは問題がなさそうです。

つまり、どうしてもJASRACの管理楽曲を使ったものをTwitterにもアップしたい人は、まずYouTubuにアップしてから埋め込むしか方法がありません。

許可を取れば問題ない!

まぁ、これに尽きると思います…

ここまで無許可で使う場合を想定して書いていましたが、使用許諾さえ取れば使いたいところで使うことが出来ます。などという、当たり前の結論にたどり着きます。ただ、個人的にはそこまでして動画に音楽を入れたいか、動画をサイトに埋め込みたいかと聞かれると「そうでもない」と思っています。

YouTubeチャンネル

管理人のチャンネルとは違い、真面目にマジックやメンタリズム関連の投稿をしています。

 

 

※非常にニッチです。非マジシャン・非メンタリストの方が見ても特に得るものはありません。

 

管理人のYouTubeチャンネル

YouTubeチャンネルを開設しました!

 

 

独自URL取得のため、チャンネル登録だけでもお願いしますm(_ _)m
※上のYouTubuと書かれた赤いパネルをクリックすると登録ができます
※ここ最近はゲーム動画ばかりです…

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事