前回の投稿で出す予定があると言っていたレクチャーがついに出来たので、早速ショップに並べています。

 

「クラシック・フォースはスライハンド」というのが今回のコンセプトと言えるかもしれません。

 

以前にも書きましたが、クラシック・フォースをする上で重要なことは2つだけで、ハンドリング(スライハンド)とタイミングだけです。

基本的な動きが出来ずに感覚だけでやろうとするから難しいのであって、この2つのポイントを踏まえつつ練習すればすぐに上達するはずです。

 

今回のレクチャーの内容:

 

  • 私のアプローチ
  • 失敗する原因
  • 重要な2つのポイント
  • アウトについて
  • 映像:上下アングルの映像 / 失敗例 / 実演 (成功と失敗)

 

失敗例を入れているレクチャーはそう多くはないと思います。

大体のレクチャーは成功した例だけを映像に収めていることが多くありますが、私としては失敗例の方が重要だと感じているので今回はそちらも入れています。

 

クラシック・フォースは100%成功する技術ではありません

しかし、工夫と練習次第では成功率を上げることは出来ます。

正しいアクションをするだけでも成功率は上がりますし、そこから更に場数を踏めば頼れる技術になるはずです。

私にとってクラシック・フォースはダブル・リフトよりも気楽で信頼性の高い技法です。

 

 

 

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事