イエスセットとダブルバインドという言葉を聞いたことは無いでしょうか?

元々は心理療法等で使われていたテクニックで、臨床上での用法を知っていれば日常シーンの殆どで使えないことが分かるはずですが、なぜか会話やナンパ、交渉のテクニックとしてしばしば紹介されているようです。

イエスセット:

「はい」と答えることが出来る質問を繰り返し、その流れで「はい」と言わせるテクニックみたいな紹介のされ方をしています。

大きく間違っていはいないんですけどね…

大きく間違ってはいないのですが、このテクニックを日常で使ってくる人がいたらはっきりってキモいと思と思います。

実際のイエスセット

というのも、催眠療法等で使われていたイエスセットも「はい」と答えられる質問を使うところまでは同じですが、質問する回数がまず違います。

このエリアは会員向けコンテンツです
※表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。

ダブルバインド

続いてダブルバインドについても…

バインド、タイムバインド

「飲みに行くなら金曜日が良い?それとも土曜日?」

「食事に行く?それともカラオケ?」

こんな感じの話し方をダブルバインドと紹介されてはいませんか?

実はこれエリクソン的には単に「バインド」、又は「タイムバインド」と呼ばれるテクニックです。

どちらを選択したとしても、「出かける」という最初にこちらが意図した結論に導ける、という技法ですが、ダブルバインドではありません。

ダブルバインド

では、ダブルバインド的な言い回しとはどういうものか、考えてみた結果とあるライトノベルの登場人物が使う言葉に思い至りました(^ρ^)

このエリアは会員向けコンテンツです
※表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。

結論

結論としては、イエスセットもダブルバインドも、本来は臨床における施術者とクライアントという関係があってこそ成り立つもので、対等な関係では効果がほとんど無い上に、ダブルバインドに関してはそもそも意味を間違えているということです。

単にバインドと呼ばれるテクニックも昔は効果があったかもしれません。

しかし現代では心理雑学が一般的になっていますし、有名なテクニックは通用しない可能性も考慮すべきだと私は思います。

ミラーリングなどでもそうですが、相手がそういうことをしていると気がついた時の気まずさは何とも言えません(笑)

相手にテクニックが伝わってしまうと、本来は自分が優位になるはずのテクニックにもかかわらず、逆に自分の立場を追い込むことになってしまい、正に策士策に溺れるという状況に陥ります/(^o^)\

どうせやるならちゃんとしたダブルバインドを使ってみるというのも一つの手ではありますが、出来るかどうかは分かりません。

エリクソン催眠の実践家を自称していた私でも、ダブルバインドはほとんど使わないくらいです。

何故かと言うと意識と無意識を縛るワードがそう簡単にポンポン思い浮かばないから。

しかもこれはテンプレートでは意味がなく、相手とその時の状況に合わせて適切に用意する必要があります。(エリクソン関連の書籍は英語からの翻訳なので、翻訳文をそのまま使うのは日本語として不自然になるので、ある程度基礎を押さえた上で自分で考える必要があります)

幸い、現時点で個別に催眠をやってトランス状態へ導けなかったクライアントはいないので、わざわざダブルバインドという技法に手を出す必要が無いというのもありますが、切り札は多いほうが良いので目下習得中のテクニックのリストには入っています。

心のメモに書いている程度ですけどね…

更に言ってしまうとダブルバインド的な言い回しは結構支離滅裂に聞こえる場合があります。これはまぁ目的が意識と無意識を縛るためだからなのですが、よく聞くと結構無茶苦茶だったりするので時と場合を選ばないと、所謂「変なやつ」になる可能性が…

無茶苦茶ですよね…?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事