10月13日に、眉村神也氏によるメンタリズム・アカデミアカデミア・セミナーの1つ、リーディング・セミナーが開催されます。

多少なりともメンタリズムに関わっている身として何か宣伝的なことをしようと思ったわけですが、当日の内容を知る由もなく…「宣伝は無理じゃね!?」ってことで、過去に見た眉村神也氏のリーディングについての所感になります。

ちなみに、タイトルは適当につけたもので、本人には特に伺いを立てていません!(ぉぃ)

※知らない方もいるかも知れませんが、眉村神也氏はメンタリストDaigoをプロデュースし、日本で最初に「メンタリスト」というスタイルを持ってきた人物です

スポンサーリンク

眉村流リーディング

個人的な感想としては、ストックスピールと外観からの印象をベースにした、ある意味基本に忠実なコールドリーディングだと思いました。

ただ、世に言われているコールドリーディングとは少し違うので、今回はその違いについての話になりそうです。
(どちらかというと世に広まっているコールドリーディングの知識の方が歪んでいる印象なんですけどね…)

ルーク・ジャーメイのスタイルとは雰囲気は全く違いますが、似たような部分が多くあり、これもまた理想形の一つとして数えることができます。

ノープロップス

タロットカードのような媒体となる道具(プロップ)を使わず、相手と向き合ってやるタイプのリーディングをメインに行なっています。

媒体/道具が無いということは、外れた時に責任をなすりつける物が無いため難易度が上がります。私がタロットを使わないリーディングをやらない理由でもあります…

眉村氏のリーディングは、本人曰く「的中率7割が目標」であり、大体の状況に於いてそれが達成されています。媒体を使わずに相手に当たっていると感じさせる、また実際に当てる様子は正にリーディングって感じがしますね。

控えめなバーナム効果

眉村氏のストックスピールは、バーナム効果的な文言がかなり少ないのが特徴だと思います。

よく使われる「対比」や「虹色の戦略」よりも、もっと冒険的で突っ込んだ内容のことを語り始めます。

独特なストックスピール

「あなたはとても社交的で、人といると楽しい、人を楽しませたいと思うタイプですが、時に1人の時間をどうしても取りたくなることがありますね?」なんてありきたりな、ジャーメイ曰く「ある種のコメディ」的なスピールはほとんど出てきません。

それよりももっと具体的な話を突然し始めます。

多少知識のある人ですら、聞いていて「ストックスピール」がベースになっていると気がつく人は少ないであろう言い回しになっています。

外観からの情報とストックスピールの結合

基本的には相手の外観から分析する、と言うよりは外観に即したストックスピールを引っ張ってくるタイプだと推測されます(ほとんど同じかも知れませんが、個人的には若干の差異があると思っています)

最初にストックスピールを選択し、相手の反応を見ながら細部を調整、その後の反応から新たなストックスピール繋げていく感じですね。

パフォーマンスによる情報収集

「相手の選んだ色をあてる」等の現象で相手の選択肢の仕方、間のとり方などの情報を収集することで、リーディング時の精度が上げているようです。

ただ、他のパフォーマンスを経由せずに直接リーディングを行うことも珍しくなく、あくまで「情報は多ければ多いだけ良い」スタンスであるように見受けられます。

総評

ベースとなっているのは、その独特なストックスピールと、今までの経験によって得られた人物像に関するカテゴライズ能力だと思われます。

外観や行動から相手のタイプを分析することでリーディングの精度が上がるのは事実ですが、上にも書いたように観察する時間がない状況でもリーディングを行っているケースが存在しています。また、「的中率7割が目標」と言っているように、3割はストックスピールではなく、直感的なリーディングを交えています。それが当たれば更に具体的な推測をぶつけていき、外れていればトックスピールに戻っているようです。

つまり有効性の高いストックスピールがあるからこそ、的中率のベースを保ちつつ、精度の高いリーディングを行うことが出来ていると言えます。

この辺はマジックのサイコロジカルな手法を使ったルーティンに近いかも知れません。しっかり当てる部分と、不確実ながらハマれば奇跡に見える現象を交えるルーティンです。

リーディング・セミナー

今度のセミナーではどんな内容になるかは分かりませんが、恐らくストックスピールとカテゴライズについてがメインになると勝手に予想しています。それとリーディングをする上での必須技能(と習慣)ですね(実はまだセミナーの内容が決まっていなくて、このブログを見ることで内容がこれに決まる可能性も十分にあったり…?)

私の持論は「経験は知識の一種」です。そして、このカテゴライズ能力もまた知識の累積によって身につくのだとしたら、それを知ることで普通に経験を積むよりも遥かに早く習得できると考えています。

セミナー情報

  • 日時:10月13日(土曜日),17:00~21:00
  • 会場:新宿コズミックセンター(最寄り駅:西早稲田,東新宿)
  • 定員:10名

参加費は色々と割引があったりするそうなので、具体的な参加方法等は以下のURLより詳細を御覧ください。

http://jinya-mymr.blogspot.com/2018/10/20181013case1.html

 

ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事