やぁどうもおはようございます月ノ風です。

ここ数日私はとても心穏やかに過ごしていました(訳:休日でした)
なのに書くのこれかよっていうのは少し申し訳なさを感じつつも、ツイッターでお前マジかよって動画を見たので書くかと

今回紹介するのはフィズ・マスター
フェザータッチでダウンロード販売されるようになった商品ですね。私元々フィズルーレットのDVD持ってたのでやり方知ってましたけど一応買いました。
これといって得るものはなかったかな・・いや、実験の手間が省けたのでいいですけど、ルーレット持ってる人がわざわざ買う価値はほぼないです。

スポンサーリンク

フィズ・マスター

フィズ・マスターは2本の炭酸飲料(缶)を使います。
2本の炭酸飲料を示し、どちらのジュースを使うかを選んで貰い、選ばれた側を振ってもらいます。
その刺激された炭酸をもう一方のジュースに移しましょうというマジック

まぁまぁシンプルですね、大抵の人が子供の頃に経験してきたであろう「泡が噴き出す」というアレ、その記憶を利用するマジックです。

 

※少し別のものですけどフィズルーレットというロシアンルーレット系の演技(DVD)もあります(ダウンロード販売されてるフィズマスターには演技動画はありませんが、複数個使うだけみたいなもんです)
これで重要なのは、たとえ失敗したところで掃除しなきゃいけない程度の被害しかないのに、多くの人が忌避するということです。
多くのルーレット系は携帯電話を何かしらに隠してハンマーで叩いていくとか釘を立てて紙コップやら被せて手で押しつぶすとか見た目にリスキーな事をしますけど、こんなにも「楽しめるスリル」を味わえるルーレットはそうはないです。
卵のアイデアも近いものを感じますけど、クライマックスに緊張が解き放たれるのを助けるような見た目のインパクト(噴き出す)がないのでその点でフィズのほうがいいと思っています。演じるときの持ち運びも卵より楽ですし

 

レビュー

この商品・・というか原理・・?は結構好きです。こんなにも即興でリスクのない大きな(演じる場が)モンテ的な演技ができるもんかと(フィズ・ルーレットの話)

「やっべーなんかサロンで演じなきゃいけないわーなにも持ってきてないわー、お、あそこに自動販売機あるやんアレやるか」
くらいの感じで出来ます。いや、実際ジュース噴き出すので会場の許可は要りますしちょっとシートとか欲しいですけど。まぁ外の会場で下が地面とかなら問題ないんじゃないですかね。ルーレットの動画もストリートマジックとしてやってます。とてもいいと思います(演じるたびにジュース代かかるけど)

なんといっても演じる際の負担もないのがいいです。スライトがまったくの0、なにもいらない。用意するだけ
それでほぼ失敗しないし万が一失敗しても見た目で笑えます。運び方次第でコメディにしてしまえる。(まぁほんとに失敗しないはずなんですけどね)

こいつの難しさはセルワと共通です。どう演じるかというただ一点

最近見事な反面教師をツイッターでみかけたので、みかけたら参考にするといいかもしれない。素材そのままで提供するマジックがいかにつまらないかがわかります。
こういうタネの部分がシンプルなマジックはスライトの凄みみたいなのがないんだから、もっと気を遣ってやらないといけないと思うんですけどねぇ・・

正直フィズ・マスターで紹介されている使い方もどうかと思います。炭酸が移動するなんてさしてマジカルでもない。もし2本だけで移動現象として演じたいのだとしても、「儀式」が必要でしょう。
指を鳴らせばとか手をかざせばとかだけでなく、せめて物や現象の特性を活かす姿勢が欲しいです。缶2本でやるなら振った缶の上にふってない缶を重ねるだけでも泡が貫通して移動していくイメージは持ちやすいでしょう。
フィズマスターでは手のひらに泡をくっつけて移動させるみたいな事言ってますけど、演者に頼りすぎなんですよね・・いやまぁここらへん好みかもしれませんけど

 

・・ちょっと愚痴みたいになりましたけど・・

まぁ、タネ自体はとてもシンプル。ほぼ失敗しないし入手も簡単。私みたいに技術を捨ててる人が評価しないわけがない素材です。
単純に私の演技スタイルに合わないというだけで、私は結構好きです。演技としてはフィズ・マスターよりフィズ・ルーレットのほうがいいと思いますけども

 

おわりに

ルーレットの方が高評価やんって感じでしょう。わかる。実際そう。

でもフィズ・マスターのほうが入手しやすいし日本語の解説もあるんですよ・・きっと買うのはフィズ・マスターのほうがいいです。
でも演じるのはフィズ・ルーレットのほうがいいです。ルーレットはPVでも見たら十分じゃないかな、タネ同じだし。

サロン規模で何かやらなきゃいけないってなった時に良いひきだしだと思います。もし仮に炭酸飲料の企業案件があればきっと相応しい(そんな未来が来るのだろうか)
ペーパーボールオーバーザヘッドとフィズ・ルーレットができれば割と身軽な武器になると思いますよ。やるなら是非上手く演じてください。

 

さて、締めますか

今回のフィズ系のレビュー、実はあまり書く気がありませんでした。自分がやるかもしれないのでね。(とはいえ過去にチラッとだけ名前出しましたけど)
ただまぁ、嘘だろってレベルの動画が上がってたのでもう公開するかと

いやまぁ、楽に演じようと思えばそうなるんだろうなっていうのは分かるんですけど、個人的に割と気に入ってた素材を雑に扱われた感じでややおこ

あまり強くはいえないんですけどね・・自分もやる気がないものなんかは雑に扱うので・・私からしたらパケット系はあまり力入れてやるものじゃないんですけど、当然ながらパケットが好きで研究してる人もいるわけでね・・まぁ、ほんとに個人的なアレコレですわ

次回はなんだろう、書けるものなら書きたいと思ってるネタは幾つかあるんですけど、個人的に重要度が増すほどに時間がかかるので中々書けないという
そういえばTHINK PINK買ってみたんですけどT-rexと違うんですね、どっちの方が使いやすいのかはまだ分かりませんけど「へー」って感じ

ではではまた次回

ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事