マジックマーケットまで1週間切りましたね!
丁度1週間前である昨日に投稿しようと思っていたのですが、すっかり忘れていました!

今回は新たな進展があったのでお知らせします。

スポンサーリンク

ブース番号

マジックマーケットのブース番号が決まりました!
既にアイキャッチ画像を見て気がついた方もいると思いますが…

C2

アイキャッチに使われているキャラクターを知らない方のために説明すると…
アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』に出てくるC.C.と呼ばれるキャラクターで、読みは「シーツー」。

シーツー→C2
ってことです…(自分でネタ解説するのって嫌ですね)

情報ソースは主催者、戸崎Pのツイッターで、公式ページにはまだ反映されていない模様。

ツイッターだと見にくいかも知れないので、以下にC2を強調した画像を貼り付けておきます。

現在の進捗について

デザイン系の冊子:入稿済み

既に入稿しているため、あとは冊子が届くのを待つのみとなりました。

価格に関してはまだ相談中ですが、500〜1000円の間にする予定ではあります。

デザインに関する最低限のルールの中から、特に大事な要素を抽出したものです。

オンライン上でも同程度の情報は入手できますが、ある程度確度の高い情報が1つにまとまってることに意義があるかと思います。

ウェブ上で見かける「デザインの基礎!」とか「キレイに見えるルール10選」とあるページでは、地雷デザインの宝庫みたいなのもありますしね…しかも、筆者のプロフィールを見たら、デザインに関しては全くの門外漢では?ってパターンも結構あります。

マークトデック:テーパー加工中

24デックを用意して、テーパー加工はいくつやろうか?みたいな話を前回したと思います。

需要が読めなかったので、Twitterで簡単なアンケートをとってみました。

実際に購入意欲があるかは別としても、欲しいって方が17名いたので、17デック分を用意します。

そして、「テーパー加工ってなに?」って人が予想よりも多かったですね…

ここで言うテーパー加工は、ストリッパーデックにする加工のことです。
正確にはテーパードって言うべきかも知れません。意味は「先を細くした」です。

ストアでもたまに使う、[LET]の表記はロング・エッジ・テーパードの略で、ロング・エッジ(長い辺)がテーパードになっているデック、つまりいわゆる普通のストリッパーデックを意味しています。

短辺をストリッパーデックの様に加工したものは、[SET]と表記しており、これはショート・エンド・テーパードの略となります。

ロング・エッジ・テーパード(LET)、ショート・エンド・テーパード(SET)の呼び方は自分で決めたわけではなく、レクチャーブック“A NEW ANGLE BY RYAN PLUNKETT & MICHAEL FELDMAN”で少しだけ使われていた名称を拝借しています。

ちなみに、ストリッパーデックは他にもウィザードデック(だっけな?)と呼ばれることがあったそうですよ?

レクチャー:撮り直しかな?

スプレッド・フォース、ストップ・フォース、その他ちょっとしたフォースの内容を解説する予定で、いくつか既に動画に収めています。

ただ!解説を撮ってから改めて数人にテストしたところ…解説の抜けが結構あったので、撮り直すか補足分を作ろうかって感じになっています。

なお、実演映像はまだ撮れていないので、解説映像だけになるか、最悪マジケでは出さないという可能性が残っています…

ちなみに、中の人は基本的にテーブルが無い(or小さい)環境が多いため、テーブル・スプレッド・フォースはほとんどやらないため、手の間で広げるタイプのスプレッド・フォースがメインとなります。

なお、ジョセフ・バリーの『インスクリュータブル』を見て既に出来ている人には全く意味がないので、他の物を購入して下さいm(_ _)m

小物類:メンタルマジックに使う小道具を少々…

数点だけ用意する予定です。普段使っているものなので、ここで詳細は掛けません(^ρ^)

 

出展まとめ!

ブース:C2

アイキャッチのキャラクターを思い浮かべれば、思い出せます。

売る物:

  • 確定:マークトデック、デザイン入門冊子
  • 未確定:レクチャーDVD(フォースについて)
  • その他:メンタルマジック小道具(少数)

サービス

  • サービス1:デザインのアドバイス

問題点の指摘については無料で行う予定です。改善案については別途相談となります。

  • サービス2:持ち込みデックのテーパー加工(未定)

今回テーパー加工をするスタッフがいないため、できて数デック分だけになる可能性があります。

ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事