マジック関連の投稿が少し行き詰まったので、たまには海外ドラマの感想を書いてみようと思います。

なお、マジックに関するあれこれは、3〜4つ書いていますが、どうもしっくり来ないので、まだ掛かりそうです。レクチャーや道具に対するレビューなら簡単なんですけどねぇ…

では、気を取り直して、今回は『Sherlcok』の感想です。

スポンサーリンク

Sherlock / シャーロック

あのシャーロック・ホームズが主人公のドラマシリーズです。

今までのシリーズと違うのは、これが現代版であること。現代のロンドンを主な舞台としたドラマです。

なので、ハイテク機器は出てきますし、科学捜査も普通に行われています。

詳しいことはウィキペディアを見てください。各話のエピソードなども詳しく書かれています。

 

なお、この『Sherlock』にハマった人がイギリス旅行を計画するという話を何度も聞きました。それに付き合わされて、ロンドンまで行きかけた知人もいます…(^ρ^)

というか、私もロンドン行きたいですね!
イギリスに短期留学していた時も居たのはブリストルで、ロンドンは空港の利用で2日、観光で1日しか行ってないので、また行きたいとは思っていましたが、このドラマを見て余計に行きたくなりました。

ピンク色の研究

あらすじ

 ロンドンで不可解な連続自殺事件が発生。レストレード警部が記者会見で自殺者3人のつながりを調査中だと報告していると、記者たちの携帯に「違う」と自殺に異を唱えるメールが届く。送信者は変わりものの探偵シャーロック・ホームズだ。やがて4人目の自殺者がでるが、今度は死ぬ前にある文字を書き残していた。一方、戦場帰りの軍医ジョン・ワトソンは、家賃節約のために知人からルームシェアの相手を紹介される。

シリーズ第1作目の第1話です。全てはここから始まった?タイトルはあの『緋色の研究』からですね。

内容

※この先ネタバレが含まれます。興味のある方だけ展開して下さい

ワトソンとシャーロックが出会って、さぁ事件現場に行こう!ってところです。

冒頭からワトソンが出てきて戦争によるPTSDがある描写、事件と会見の様子、ワトソントとシャーロックの出会いのシーンから始まります。

シャーロックはワトソンの姿をひと目見て、彼が戦争帰りの軍人であること、これからルームメイトになる可能性、経済状況、家族についてを推理しています。一部外れているものもありましたが、ほぼ正解ですし、その理由も納得できるようなレベルでの説明があります(実際にその情報からそこまで分かるかは別としても)。

これこそが「コールド・リーディング」だと思う人は少なくないかと思います。私としてもコールド・リーディングの理想形の一つだと考えています。

シリーズ全体を通して最初の話ということで、登場人物の役割が分かるちょっとした会話が頻繁に出てきます。説明的ではないので冗長な感じがしない作りになっています。(シャーロックの解説部分は、説明というより最早パフォーマンスですし?)

物語冒頭から描写のある、連続自殺事件の操作に二人が乗り出します。

ここでは警察側のシャーロックに対する印象や評価が分かりますね。きっと周りに似たような人がいたら自分も同じ様なことを言うかも知れません(^ρ^)

「変人はいります」と現場に通されるシーンは最高にクールでした(適当)

途中、現場に無いスーツケースについて突然語り始めますが、この考察も非常に興味深かったです。

まず最初に「映像の使い方が上手いな」という印象が先に来ました。次にベネディクト・カンバーバッチのハマり具合ですね。

シャーロックが驚異的な観察眼と考察力で推理をしますが、現実社会に当てはめることが出来るかは何とも言えません(そもそも推理されるのが前提でキャラや設定が出来ているので、それに沿ったアイテムやヒントが出るのは当然です)。ただし、どれも説得力が高く、コールドリーディングの参考になる可能性があります。コールドリーディングそのものではなく、演出としての参考ですが…

ワトソンを放って現場から先に帰るシャーロック、ワトソンはここで謎の電話を受けてとある人物に会います。正体は最後の方で明かされますが、この時点で早くもモリアーティ教授の登場化?と思った視聴者も多いかも知れません。私は思いました(゚∀゚)

その後、安全に帰ってきたワトソン。そこではシャーロックがニコチンパッチを3つも腕に張り付けて集中する描写が来ています。流石に現代社会でコカインをやっているのは不味いためか、ニコチンパッチが使われています。

犯人をおびき出すためのメールを送り、とある店で張り込みをすることになります。

ここの店主はシャーロックに以前助けられたとかで、なんでも好きなものを食べていいとか…シャーロックの住んでいる場所もそうですが、正直そういう生活は憧れますね(゚∀゚)

なお、このへんからワトソンとシャーロックがゲイカップルだと思われる描写が増えてきます。二人の会話もそのネタに乗った感じになっていますが…これはイギリスでゲイカップルが増えた背景がありそうな気もします。

犯人と思しき車を発見し、追いかける2人。ここも映像の表現が上手いなと…(ry)

ロンドンの地図、車の標識まで頭に入っているシャーロック、走って車に追いついてしまいます…渋滞と入り組んだ道で有名なロンドンならではって感じもしますが、驚異的ですね。

なんとなく空振りっぽい感じで、拠点に戻る2人ですが、この時点でワトソンは思いっきり杖なしで走っていたことに気がついていません。しばらくしてから杖が店から届けられて気がつくわけですが、一回走ったことで心因性の脚の不調は回復した様です。シャーロックはこれを狙ったのかは不明です。

部屋に戻ると、警察が家宅捜索を始めていました。警察が警察よりも先に証拠品を押さえると予想して来るとか、シャーロックへの信頼度がかなり高いようです。

なんやかんやで、犯人登場。

結局、シャーロックの考えは正しかったな…というのが感想。

犯人と対峙するシャーロック。銃で脅されたフリをしてのこのこ付いて行くあたり、この人はリスクよりも好奇心を優先する人なんだなと。

ちなみに、銃はライターなので、弾が出ることはありません。ここもお約束な感じです。

そして、この犯人が今までの人を毒殺?した方法はどこかで見た気がしますね…

結局、最後は完全回復したワトソンが遠距離射撃で犯人を倒してしまいます。

犯人はモリアーティの名前を叫んで絶命。

これをきっかけにワトソンとシャーロックはコンビを組み、またワトソンはシャーロックの事件をブログに書く生活になり、以後の話が展開されていきます。

あ、最後に途中で出てきた謎の人物の正体がわかりますね\(^o^)/

感想

映像表現がすごい!(何回目だ…)

この後の話から更にすごいって思う映像表現が出てくるわけですが、この第1話の段階で既にすごかったです。語彙力が死んでいますが、すごいんですよ…

シャーロック・ホームズの設定を上手く現代に落とし込んだなという印象もあります。シャーロック・ホームズのファンを意識してか、お約束を抑えつつと言った感じでした。

ベネディクト・カンバーバッチもマーティン・フリーマンもはまり役ですし、他の登場人物も演技が上手いですね…残念がら今は両名ともMARVELの映画に出たりと多忙で、当分はシャーロックの撮影は無理だとか。そのため、シーズン4で一旦の終了になっていますが、再開が待ち望まれているようです。再開はよ…

シャーロックの推理は、外観的特徴、身体反応や細かい部分での観察から分かる事実と、既に自分が持っている仮説を併せたものと言えます。メンタリズム的な言い方をすると、観察とストックスピールによるコールド・リーディングですね(゚∀゚)

ここで言うストックスピールはあらゆる人に当てはまるストーリーではなく、もっと現実的な特徴がベースになっているので、ある意味ホット・リーディングに近い感覚かも知れません。

例えるなら、外観から血圧と脈拍の変化が分かるのであれば、その人が緊張しているのか等の情報が分かる感覚と言うべきでしょうか…

断片的な情報を積み上げて、事実に至るというのは実にシャーロック・ホームズ的です。

 

メンタリストやリーディングに興味がある人にもおすすめできますし、純粋に面白い作品だと思いました。

 

スポンサーリンク
ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事