少し前から我々の協力者としてプロのデザイナーがメンバーとして入っています。

コンプライアンスの問題などで現職についての情報等は明かせませんが、以前に携わった作品やできることをここで簡単に紹介します。

2Dデザイナー

こう名乗っているので、おそらくきっと2Dデザイナーなのでしょう…

ゲーム関係のデザイナー

前前職から主にゲーム関連のデザイナーをやっています。

聞いた限り、キャリア的に順調なステップアップをしていますが、公に言えないので、気になる方は本人にこっそり聞いて下さい。

アバター製作

『風来のシレン みんなで不思議のダンジョン』

『レイトン教授と世紀の七怪盗』

『喧嘩番長 全国制覇』

恐らく、ゲームを知ってる人であれば前職がどこだったかわかりますね!

次の画像は
『風来のシレン みんなで不思議のダンジョン』
のものです。

他2作品に関しては、既に(公式)ページが閉鎖され、また他サイトにも適切な画像が無かったため、1枚のみ表示しています。

(内部資料は公開できませんしね!)

基本的には何でも屋

元々の専門はUIやアイコン製作だそうですが、企画、企画書作成、エフェクト、エンドカード、映像制作など…人員不足により結果的に何でも屋になった云々。

最近ではUnityも使い始めたとか。

Fate / EXTELLA LINK

つい先日発売された、Fate/EXTELLA LINK の衣装、特にDLCや店舗特典の衣装デザインを多くを担当しました。

これに関してはずいぶん前から「これやってます」と聞いていましたが、情報解禁日の関係でようやく発表ができます(^ρ^)

女性キャラのDLC衣装では7割近くをデザインしたそうです。

以下公式から引っ張ってきました。

 – http://fate-extella-link.jp/dlc/

DLC第2段のアルテラアストルフォの衣装も担当しています。

 

他にはガウェインとジャンヌの甲冑、スカサハの女教師衣装もデザインしたそうで、そちらはグッズで出てますね。
以下それぞれの画像をクリックすると、とらのあなのショップページへと行きます。





https://ec.toranoana.shop/tora/ec/app/catalog/list?hobbyMakerId=455

その他各種店舗特典や大声で言えないキャラ衣装のデザインをしています。
(衣装名を出すと多分怒られるので、知りたい方は直接お尋ね下さい)

デザイン以外では、表情差分や一部のUIの製作もしています。

今後は衣装デザインの依頼も引き受けます

ゲームの衣装とは言え、質感や構造、着脱方法まで考えられているため、甲冑以外は「実際に作ろうと思えば作れるはず」とのことです(ジャンヌの甲冑については、「ファンタジー」とのこと)。

ということで、今後Trick or Mind では衣装デザインも業務の一つになりました。

もちろん、リアルの衣装では、より現実的なデザインにしますし、よりファンタジー色を強めたい場合でも、ちゃんと着脱が出来る構造を考えます。

衣装を作れる人いたら完璧!

衣装のデザインをすることに関しては問題ありませんが、実際に型紙を起こして作れる人が必要になります。
現在、我々には衣装を作れるレベルの人はいませんし、設備もありません。

現時点で出来るのはデザインだけです。

一応次の手は打ってありますが、実績の少ない我々に良い返事が来るかは未知数です…

デザインならなんでも!

今回は最近出たばかりということで、ゲームの衣装について言及が多くされましたが、基本的にはデザインであれば何でもやります。

某ゲーム雑誌(◯ァ◯◯)のページ広告なども担当していたので、広告やフライヤー、バナーデザインも出来ます。

 

それもあり、マジックマーケット2018ではフライヤーに関する出展をすることになりました。
こちらに関しては別に情報を出します。

(Trick or Mind が出展する予定のモノについては以前の投稿を参照下さい)

依頼者様へのお願い

なるべく方向性は明確にお願いします(byデザイナー)

以下の方向性はちょっと分かりかねます(実例)

  • 「なんかカッコイイやつでお願い」
  • 「なんか良い感じの」
  • 「ここでドーンと来て、熱い演出」(パチンコ業界に多いです)

もちろん、デザイン案の提出からやる場合もありますが、期間が長くなるごとにコストも掛かります。

なるべく明確な方向性や、類似のデザイン案(雰囲気が分かるもの)などを示していただけるとスムーズな仕事に繋がり、お互いの利益に繋がります。

デザイナー曰く「作りたいものや、その方向性が分かっていない状態で依頼してこないでね♪」
(注:このブログでよくある筆者によって誇張された表現がされています。本人は非常に優しく言っています)

もちろん、企画からも出来ますが、その場合は別途相談となります。

デザインの依頼や問い合わせはこちらから

補足:

デザイナーは我々Trick or Mind(TRM)の専属ではなく、あくまで外部協力者です。

現在フリーランスだと勘違いしている方もいるようですが、普段は企業で勤めているデザイナーです。TRM関連の仕事は勤務時間外で空いている時間を利用してやってもらっています。

また、記事の最初に書いたとおり、諸事情により現職の詳細については明かせませんが、日本人ならほぼ全員が知っている規模の企業に努めています(今回の投稿で出てきたゲームの製作会社と比べても桁が違います)

ここだけの話ですが、現段階ではこちら(TRM)の活動がしょぼすぎるため、公表したくないという事情もあります…「うちのデザイナーを無駄遣いしている!」なんて言われそうですしね…

※最近勤め先が変わったため、以前の職場とそこで携わった作品についても、近々ここで出していく予定です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事