やぁどうもおはようございます月ノ風です。

 

前回タッチド書こうかなって言ってたじゃない?

一応考えたんですよ。というかちょっとだけ再生したんですけど、これやっぱりちょっと真面目に観ないとなぁと

いやぁ、ギミックのレビューなら楽なもんですよ、いってしまえば解説って一つ二つじゃないですか。

DVDになると目を通さないといけないのが多くて…

で、実はタッチドを書く時には他のPKタッチとの比較をしようかなと思ってました。できればガイストとか買っておきたかったんですけどさすがにお金なくて・・

というわけで、分けます。その「他の」の奴を先に書きます。タッチドがいつになるかは知らん()

スポンサーリンク

D’Angelo’s Touch

はい、他のやつ、「デアンジェロ・タッチ」です。

これはねぇ・・バニシングインクでだったかな・・ふらふらと商品を探してた時に見つけて、「え、これ・・買わなきゃだめなやつでは」ってなってしばらく悩んだものでした。

洋書ですよ・・でも逆に文字なら頑張れば解読できるんじゃない?っていうこの葛藤

でもね、数日経ったらkingofmagicさんが日本語解説付きで販売してくれてね、迷わず買いました。

 

ざっくりとした内容としては、ノーギミック・即興で出来るPKタッチ(実際に触ってないのに客は触られた感覚がするマジック)です。

レビュー

このデアンジェロタッチ、まぁノーギミックでそんな動き(PV参照)なんだからそれしかないよねという解法ですけど、結構練習が要ります。

タッチドにあるノーギミックPKタッチはここまでスキルフルじゃないです。

なんだろう、ピックポケットやウォッチスティールで一つの演技をやりましょうってくらいのことを言ってきてる気がします(それよりは易しいですけど)

 

これはねぇ・・正直ちょっと怖いです。まぁミスデイレクションに頼りましょうみたいなとこあるのでそらそうなんですけど、なんだろう、これバレないって相当な習熟が要るんじゃないかな・・って感じがします。

タネなんて想像通りですよ、ノーギミックって分かってるしPVみればすぐですよ。でもこの人上手いんだ・・初見では「???」ってなったもの・・

つまりは、態度や速度で「不思議」まで持ってきてるんですよ。クラシックパスにとりつかれた人達をちょっと思い出します()

 

原点に戻ってそれを上手くやれば強いみたいな

基礎こそ奥義みたいな

 

一応狙いや注意点等あるのでPVみてそのままやるより商品買ったほうがいいですけど、ガチなアクトだという覚悟はしておいてください。

 

こういう即興PKタッチはリアルタイムとデュアルタイム(ディレイ)の2種類があるそうですけど、これほどのリアルタイムってそんなにないんじゃないでしょうかね・・ダイレクトすぎて・・

デュアルタイム系って2人客が要るイメージがあるんですよ。大抵がAさんに触れて、目をつぶって横で立ってもらってたBさんもAさんと同じところを触られたと主張するみたいな演技が多いんじゃないでしょうか。まぁもしくは観客をメインにするとか。

デアンジェロタッチは一人相手でも出来ると思います。演技中は目をつぶって貰うので録画は必要ですけど、他の客とのやり取り中に隠れてどうこうとかそういう時間差を使うものではなくほぼダイレクトなので客観視さえ出来れば驚きは作れます。

ということは、違和感なく記録を残せるし(可能なら相手のスマホ等)、不思議を感じられるわけです。

従来の(偏見)PKタッチでは、被験者(?)が「え、触られたけど」と主張して周囲の人が「いやいや触ってなかったよ」と答えることで「嘘やん」ってなるものや、即興のサクラになってもらう(観客をメインにする)ような演技だったとおもいますけど、録画すれば客自身も不思議を感じ得るというのはリアルタイム系の一つの強みなんじゃないでしょうかね。

 

トニージャンがTVでこの現象をやってたみたいですけど、映像を観るとまさに周囲の人が否定することで当人が不思議がるタイプのやつですね。

これに近いことを、録画すれば一人相手に起こせるはずです。(ただし触られた感触が残っていて思い出せるうちはリスキーかもしれません)

 

難しいし練習は必要ですけど、身につけておくといいスキルじゃないでしょうかね。

おわりに

さて、そろそろ締めますか

最近ピーターターナーさんが100ドルくらいでPKタッチのレクチャーノートを売り出したみたいでね、これ凄い気になったんですけどメール送れなかったんですよ・・こんなとこでも英語が・・!普通にショップで売ってくれれば注文したものを・・!(売ってたのかもしれないけども)

あんまり資料ないんですかねぇこの分野

まぁシンプルに考えればスレッドでよくない?って感じの現象ですしある程度はもうそれで良いかなって思うとこありますけど、やはりいつでもできるようにノーギミックっていうのは魅力ですよねぇ

できればもうちょっと資料欲しいんですけどやはりこういうのは英語の壁を越えなきゃいけないんだろうなぁと・・辛い

 

次回はなんでしょ・・今週ほっとんど時間取れないと思うんでいつもより困りそうですけど、タッチド既にちょっと目を通してますし上手くいけば比較を・・

ではでは、また次回

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事