ご機嫌よう、プレミアムAです。

最近暖かくなってきたものの、日によっては寒かったり、昼夜で気温差があったりとなかなか服装に困る時期ですよね。

 

私はマジシャンに会う機会が多いのですが、そのたびに気になるのが服装です。

皆さん何かとこだわりがあるそうで、ジャケットスタイルやカーディガンやTシャツなど様々な服装を見かけます。

しかし、皆さん服の形にはこだわりが強く表れるものの、なぜか色は圧倒的に黒が多いですよね。メディアに露出しているマジシャンにも、黒い衣装の方は多いように思います。

 

何故マジシャンに黒い服が人気なのかを考えてみました。

私は花屋に関する知識があるのですが、花屋の服も黒やこげ茶、深緑などといった暗めのトーンが非常に多いです。以前働いていた結婚式場でもスタッフの服は黒で統一されていて、髪の色も黒と定められていました。

汚れてしまうからというのももちろんですが、一番は花を目立たせる為です。スタッフが花の邪魔をしないように、色味を抑えた服を着ています。

当たり前ですが、花屋は花が商品です。商品を映えさせ、素敵だから買おうと思ってもらえるように努めなければなりません。

花屋の主役は、スタッフではなく花です。

 

マジシャンの服に黒が多いのは、カードやコインが映えるからだと思っています。おしゃれで黒を選んでいる人も居るかもしれませんが、マジケ等のイベントやSNSなどでマジシャンの私服を見る限り、生憎おしゃれとは言い難いので可能性は低いと思っています。

マジックを見る側としての意見ですが、服が何色であっても見やすさは変わりません。さすがにビビットだとチカチカしてしまって多少見難いかもしれませんが…。

服の色が気になるのは、せいぜい画面越しで尚且つ画質の荒い時です。しかし、マジシャンが私服で尚且つ鮮やかめの青いTシャツを着ている状況でSkype通話(画質があまり良くなくカクカクの映像になることも)をした事がありますが、カードの見にくさは全く感じませんでした。

実際に対面で見ているときは服の色を気にした事がありません。民族衣装風の服をマジックを披露する時の衣装として決めている某マジシャンが居ますが、彼がたまに着ている柄物の服や明るい色も演技の際には全く気になりません。主に私が見ていた時はサロン規模だと思いますが、遠くから見ていてもカードや道具が見難いといったこともありませんでした。

そもそもカードを広げるときは大体の人がクロースアップマットを使いますよね。特に動画であれば手元を写す人がとても多いです。コインの時は、コイン自体が小さいため観客が近くに居るはずです。遠くなればカードやコイン自体が見え難いので、道具を変えているのではないかと思います。

つまり、カードやコインはクロースアップマットに乗せる場合がほとんどなので、観客は服を背景にしてそれらを見ることが非常に少ないです。

(ここの管理者であるジャン氏が私服で、クロースアップマット無しでマジックを披露してくれる際も、服の色や模様は全く気になりませんし、マットなしでも十分見易くはあると思います。)

 

そして何より、マジックの主役は何なのかが重要です。主役というのは自分が一番売り込みたいものや目立たせたいものです。

マジックの主役はマジックであり現象が全てという方、マジックの主役はお客さんであり見ている人が全てという方、マジックの主役は自分であり魔法使いのような自分を見てほしいという方など、それぞれの考えがあると思います。

マジックの現象自体やお客さんが主役だという考え方の人は、主役を映えさせる為にマジシャン自身が黒い服を着ているのも納得できます。

しかし、マジックの主役はマジシャン自身だという方も居ますよね。私には非常に多くの人がこのパターンに見えます。

凄い事が出来る自分を見てほしいというのはもちろん、マジックをしている際に技法感を前面に出している人や、技法を動画でアップロードし自分の能力をアピールしている人なども、マジシャンである自分をお客さんや同業者に売り込みたいという気持ちが強くあるはずです。つまり、マジシャン自身が主役であると言えます。そして、SNSを見る限りそういう考えの人が圧倒的大多数を占めています。

主役であるマジシャンを目立たせなければいけないのに、目立たないような黒い服を着るというのは、矛盾していませんか?(一目でお客さんにマジシャンだと認識させるために、あえて黒い服にジャケットスタイルといったコテコテのマジシャン衣装を着る人も居るでしょう。あくまでマジシャンとして売り出していくのであって、自分自身の個性を売りにしないのであれば、そのような服装も有りだと思います。)

しかし観客に売り込むべきものがマジックではなくマジシャンである自分自身の場合、黒い服を着て自分を目立たせないようにしてしまうと、手さばきのスムーズさや技法感のみが前面に出てしまったりして観客は何を主役として見てよいのか分かりません。もし売り込みたいのが何よりもマジシャン自身であるのなら、マジシャン自身を魅力的に感じさせる服装にする必要があります。

自分が目立つ事を考え、尚且つダサすぎずTPOをわきまえた服を選ぶ必要があるということです。

 

今一度あなたの考える主役に合わせて、衣装を選びなおしてみても良いかもしれません。

 

(Alice)

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事