前回催眠について書いた時に予告してた内容です。

 

全体通してのキーワードは「催眠予期性」になるはず?

催眠予期性という言葉は、雑に説明すると、「被験者が自身でどれだけ催眠に掛かれると思っているかの程度」です。

私の考えも少し含まれますが、催眠予期性に自覚の有無は関係ないとします。

 

そして、改めてタイルトルに戻ります。

 

スポンサーリンク

催眠とトリック

観念運動的トリック

催眠誘導ではある種のトリックが使われることが多々あります。

例えば、マグネティック・フィンガーと呼ばれる被暗示性テストで使われるものが有ります。

 

これは人間の観念運動を利用したもので、ほぼ生理的な反応のため現象が起こらない人はほぼいません。

現象が起きない人は意識/無意識的に拒否、拒絶をしている可能性が高いので催眠を掛けないほうが無難ですし、そういう人のスクリーニングにもなります。

 

ペンデュラム(振り子)を利用した暗示誘導も同じです。

(AUTOMATIC EFFECTS で解説されている「AMゼナー」でもこの生理的な反応が利用されています)

ペンデュラムは被暗示性の調査でも使われているくらい古くからあるもので、そのまま誘導に持っていけるので便利アイテムですね(゚∀゚)

 

他にも、上げてた腕が降りていくという暗示も、筋肉の疲労を利用していますし、半分はトリックとも言えます。

トリックで起きていた現象が次第に、本物の暗示による影響に変化していく、変化させていくと言う方法が催眠誘導ではよく使われていました。

 

このトリックを利用するのは理に適っている、というのが今回の本題です。

 

というのも、生理的な反応というのは本人の意思によって押さえつけるというのが非常に難しいため、意志とは反して自然と動いているという印象をもたせることが出来ます。

自分の意志とは関係なく現象が起きる事により「これが催眠術…?」と、催眠予期性が高まるので、被験者自ら催眠状態へと近づいていきます。

(最近の研究では催眠状態というもの自体が存在しないという考え方がかなり強いのですが、便宜上「催眠状態」という言葉を使っています)

 

マジックと催眠術は相性が良い?

マジックと催眠術は相性が良いという人がたまにいますが、それについては100%の同意は出来ません。

確かに一部のトリックは催眠状態に導くために有益に働きますが、催眠で使われるトリックはトリックだと気が付かれると意味がありません。

トリックだと分かると催眠ではないと思われるため、催眠予期性が下がってしまうからです。

 

そして、マジックをする多くの状況では、観客はそれがマジックである、何らかのトリックを使っていると分かっています。

マジックをする人、トリックを扱う人と思われた状態で催眠術をするというのは、あまりよろしくないわけです。

 

ただ、ショー催眠では観客数の関係から、掛かりやすい人が数名いれば良いので、そこまで大きな問題ではありません。掛かりやすい人はトリックがあると知った上でも掛かります。

問題になるのは少人数を相手にする場合だけなので、催眠とマジック両方をやる人は気にすることでもないかもしれません…( ゚∀゚)・∵.

 

とりあえず、マジックをするのは悪い選択はありませんが、避けたほうが良いマジックというのがあります。

それは、スライハンド全般で、早業的な感覚が出るモノです。

(そもそも早業感のある現象はマジックと呼べるか怪しいのですが、今はそれがこそがマジックと言わんばかりの状況ですね)

 

向いてるマジックは、メンタルマジックで仕掛けが疑われにくいものです。

読心術やテレパシー系は非常に相性が良いです。トリックを疑われない限りは。

 

メンタリズムに関しては向いているも何も、メンタリズムの要素に催眠も含まれているので、相性が悪いはずがありません。

 

催眠予期性という観点から催眠術を見た場合、幾つかの「驚愕法」と呼ばれる手法は、単に催眠予期性が上がったタイミングを狙っているだけという物があるのが分かると思います。驚きをベースにした手法ではなく、単に相手の理性を説得しているというのが少なくないはずです。

つまり、驚愕法になるからとマジックをしても、種類によっては逆効果になることがあるわけです。

ちなみに、個人的に驚愕法を余り好んで使わないので、これは独断と偏見に満ちた考え方です。

 

催眠予期性は学習で高まる

なお、催眠予期性というのは学習によって高くなると言われています。

大体7割位の人が学習によって改善するそうです。

 

そして、これが古典的アプローチで言われていた、「催眠に掛かる回数が増えるほど、催眠に掛かりやすくなる」に対しての解答だと思います。

また、催眠に掛かりにくい人でも、一度掛かれば別の環境でも掛かるようになる、ってのも催眠予期性で説明ができますね。

 

で、この催眠予期性は最初の説明である程度高めることが出来ます。環境づくりもその一環です。

被暗示性と催眠状態の入りやすさはそこまで関係が無いと言われていますが、被暗示性テストは催眠予期性を高める上で有効だったりするので、やらないよりはやったほうが良いんじゃないかなってのが私のスタンスです。

 

催眠予期性が高まるならトリックを使うのはアリですよ、というお話でした(゚∀゚)

ブログランキングにご協力下さい

情報が役に立ったらクリックをお願いします

バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事