前回の続きです(^ρ^)

催眠でよく言われている事と現代的アプローチ(前回はこちら)

引き続き、催眠でよく言われていること、というか言われていたことと現代的アプローチについてのお話です。

今回のテーマは「トランスの深さ」について。

スポンサーリンク

トランスの深さ

トランスという言葉自体が現代的アプローチではほぼ使われていないことからも分かるように、トランスは概念的にやや問題がある表現です(今でも催眠術をやる際に「トランス」や「催眠状態」という言葉は使われますが、これらは実体が無い割に伝わりやすいことが理由でもあります)

そして、あくまで主観ですが、深度(深さ)についてもやはり誤解が残っているような感じがします。

古典的アプローチでいう、軽・中・深

古典的アプローチではよく、軽トランス、中トランス、深トランスという言葉が使われていました。

軽トランスではカタレプシー(硬直)の様な運動支配が起き、中トランスでは感情〜記憶の支配、深トランスでは幻覚が起きると言われています。

催眠の被験者はトランスの程度によって、深くになるにつれてこれらの現象が起きるとされてきました。そして、一部の人だけが深い状態へと入っていくとも考えられていました。

しかし、実際に催眠をやっている方は既に気がついていると思いますが、この考え方は少し古いですし、あまり正確とは言えません。

カタレプシーが起きずに感情支配が起きる人もいます。記憶の変化は無くても幻覚が起きる人もいますし、トランスが深くなるに連れてこれらの現象が起きてくるという考え方は実際的ではありません。

私が以前に遭遇したケースでは、カタレプシーや観念運動にほぼ反応が無かったものの、感情や認識の変化、幻覚が起きたということがあります。

これらの事象も、前回の投稿で紹介した「被催眠性」と、その4つのサブスケールで説明が出来たりします。

というのも、4つのサブスケールとトランスの深さという概念は全く関係が無いからです。

このエリアは会員向けコンテンツです
※表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。

そしてですね…また今回も長くなりすぎたので、ここからの内容は次回に回します/(^o^)\

次回は、マグネティック・フィンガーを例に、観念運動等の生理的に起こる反応と催眠の関連性を現代的アプローチで解釈するとどうなるかという話をしようと思います。

催眠術をやる際に、ある種のトリックを使う人もいますが、それも驚愕法とは関係なく、現代的アプローチからすると理に適っていたというお話です。

またこのことは、マジックと催眠術の相性について良い/悪いと2つの意見が出る原因でもあるので、そのことについても少し話せたらなと思います。

あくまで予定ですが…

 


 

最近インフルエンザが流行っていますね…

スタッフAとスタッフDも最近インフルエンザに罹患していたようです。

(家族も掛かってたとかで大変だったとか)

 

風邪などには充分に気をつけてお過ごしくださいm(_ _)m

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事