ルーク・ジャーメイのメルマガから新商品(PDF)の案内がありました。

最近ちょっとした臨時収入があったので、特に悩まずポチりました。

FOLIE A DEUX

主にPKタッチを扱った小冊子。

ページ数は38ページで、9000字弱と言うやや薄めのノート。

そして…価格はなんと£60!しかも48時間以内の注文だと£60で、それ以降は£75で販売するそうです(発表からまだ48時間経ってないかも?)

高い!と感じるかも?

内容を読み終わってから考えると結構高いですね/(^o^)\

PKタッチというテーマで、本人がネオクラシックという表現をしていたので期待していましたが、彼が以前に発表した原理とバナチェックのを合わせた発展型と言った感じで、両方共知っていると現象説明の段階でやり方の予想が付くというね…

予想は付いたものの、実際にやってみたいと思うような構成だったので、価値は有るのかも知れせん。

原理よりも演者としてのスタンスについての説明が長く、ジャーメイがどういう精神、心構えでそういった演技をしているかが結構書かれています(もしかしたら紙面の余白を埋めるためかもしれませんが…w)

以前発表された手順を知らないのであれば有用ですし、心構え的な物を知りたくて、更に値段との折り合いが付くのであれば購入を検討しても良いかもしれません。

少なくとも私は£60の価値は無いと思いましたし、今後の販売価格である£75だと特別な理由がない限り購入はしないと思います。

マインドセットのお話

ちなみに、心構えの話は恐らく一般のマジシャンには参考になるか怪しいところです。

私は結構そういう考え方が好き…というよりは似たようなマインドセットでやっているので共感できる部分が多かったです。

ただ、このブログを読んでいる方は私のスタンスをあまり知らないかと思いますが…簡単に言うと「マジシャンともメンタリストとも催眠術師とも名乗らない」です。

実際に会った人や、私の事をよく知っている人からは「マジシャンではない」と言われています。(面白いことにマジシャンからも言われます)

まぁ、私の場合はどちらかと言うと催眠術師と思われているようですが…(^ρ^)

ジャーメイのスタンス

ルーク・ジャーメイはマジシャンというよりは霊能力者風の見せ方をします。メンタルマジックというよりはメンタリズムと呼ばれるような演出が多いです。特に最近は。

日本の自称メンタリストの多くはメンタルマジック、若しくはメンタル風に味付けをしたタダのマジックをやりますが、ジャーメイは正に、メンタリストが元々意味する「霊能力者」のよう現象を起こします。(メンタリストは心霊商法詐欺師も意味しますが…)

例えば、スワミギミック等を使った簡単な予言マジックで、演出にリアリティを持たせないまま心理誘導したと言い張るような薄さはありません。もしジャーメイがやるなら最低限、誘導したことに説得力をもたせる演出が入るはずです。
(どうも日本でメンタリストを名乗る人はマジックの下手さをメンタリズムと言って誤魔化しているようにしか感じない人が多い気が…)

話が脱線しまくりました…

まとめましょう…

まとめ

良いところ:現象は面白い。考え方や工夫は参考になる。
悪いところ:内容の割に結構高い。既出ネタの応用なので知っていると新規性は無い。

なお、PKタッチ全般に言えますが、これは更に観客数が多くないと成立しにくいです。正確に言うと、ステージ(或いはそれに近い空間)がちゃんとあって、ある程度の観客数がいることが前提になっています。

PKタッチは前に出た観客は何が起きたか分からないことが多く、他の観客が目撃者となって初めて成立する現象なので、そもそもクロースアップ向けではありません。また現象の雰囲気も相まって、演じる人のキャラや場所の雰囲気にも制限があります。

本気でPKタッチをやりたいんだ!って人以外にはオススメできません!

逆に言うと、セッティングされた空間で多人数を相手にやる人であれば結構使えると思います。問題があるとすれば、この前後のルーティンに困るくらいです。ジャーメイがこれをやっているフルアクトを一度見てみたいですね…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事