催眠術を行なう際の前提

今月の頭に出した催眠術のレクチャーが製作者の予想を遥かに超えるペースで売れており、正直ビビっています。

商品説明ページにも動画はグダグダと書いていたと思いますが、まさかちゃんと読まずに買っているのでは?と思うくらいです。

まぁ、動画はグダグダですが内容に関しては真面目なので、グダグダさを受け入れるコトが出来る方には何か得るものがあると思っています。

さて、今回は「催眠術を行なう際の前提」というタイトルにしましたが、ここで言う「前提」はエリクソン催眠でいう「前提(presupposition)」についてではなく、もっと大まかに前提条件や事前準備という意味で使っています。

そもそも催眠術とは何でしょうか?

実はちゃんとした定義は決まっていないようです。正確にはその時々で毎回決まった定義はありますが、毎回少しずつ定義が変わり未だに定まっていないといえます。

一応「催眠時に起こる反応を引き出す手法」は全て催眠術と呼んでも良いかも知れませんが、これは別に5円玉を紐で吊るして、これぞ「THE・催眠術」という風にやる必要は全くありません。

レモンや梅干しを口に入れる噛みしめる姿をリアルに想像して唾液の量が増える、笑っている人を見ると何となくもらい笑いをしてしまう、高所恐怖症の人が高いところにいる自分を想像するだけで足が震える…といったこともイメージとそれに対する心的反応に拠るものだと言えますし、この状態を人為的に起こすのであれば既にそれは催眠術と呼べるのかもしれません。

ちなみに、NLPで利用される恐怖症の克服方法なども、その場をまず想像させますが、これは催眠療法のアプローチが由来で、もっというとNLPでは催眠術と言わずに催眠術をセラピーに使うことがあります。

NLPで催眠術を使うのは、成り立ちを考えれば自然なことですし、これに異論がある人は逆にNLPを何だと思っているのか気になるところです。

少し話は脱線しますが、似たようなことで日本のメンタリストDaiGoにあこがれてメンタリズムに傾倒した人が「オレはマジックをやらない」と言っているという話を又聞きしたのを思い出しました。

もう少し補足しますと、日本ではそのメンタリストの影響でメンタリズム=心理学を駆使したものと言うイメージが強くなっています。

実際にはメンタルマジックと呼ばれる分野の技術、つまりトリックがほとんどの原理を占めています(もちろん心理学的な要素を利用することもありますが、条件が色々とあるので実際にはトリックをメインと据えつつ、使えそうな時に心理学的な手法を取るというのが大多数です)。

それを理解せずにメンタリストの言った言葉を真に受け、本人は表情で読んでいたわけでもないのに、真似する際に表情を読んでやろうとするのは些か滑稽な感じがしています。

話を本題に戻しましょう。

これより会員向けコンテンツです
※表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。また会員レベルによっては閲覧できない可能性があります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事