手入れと言うか綺麗にする方法についてと言うべきですかね?

 

この業界、演者はトップコートを塗っている方も多いかと思います。

かくいう私も仕事でやる時はトップコートを薄く塗っています。

 

これ元々、海外のエグゼクティブ(企業の幹部)や投資家などが塗りはじめたのが、男性でもトップコートを塗るという文化の始まりで…それを見たマジシャンが真似し始めたという話があります。事実は不明ですが!

(ホテルのドアボーイ等も以前から塗っていますね)

 

日本のマジシャンでトップコートを塗っていた方ではMr.マリックさんや前田知洋さん等が有名だと思います。

ちなみに前田知洋さんは合気道を始めたことで、会派の規則でマニキュアを使わなくなったとどこかの投稿かインタビューで見たのですが、現在はどうなっているか不明です。

今では職業的マジシャンの殆どが塗っているようなイメージすらありますが、走りはこの方々では無いでしょうか?(詳しい方教えて!)

 

トップコートを塗ることのメリットは色々有りますが

・目立つ(綺麗)

・爪の凹凸がなくなり健康的に見える

この2つに集約されると思います。

 

もちろんトップコートのデメリットもあります

・男性がトップコートを塗っていることに違和感を感じる人がいる。

・爪が伸びたらその分足すか、落としてから塗り直す必要がある→ずっと塗った状態が続くと爪が薄くなり割れたりとトラブルが起きる。

・他の仕事の関係でマニキュアを使えない場合がある。

1つ目に関しては大分減ったと思いますし、私自身も「手入れをしっかりしているんですね」と言われたことはありますが否定的な感じで言ってきた人は今の所いません。変に厚く塗りすぎたりしなければ問題は無いはずです。

3つ目の職業的に使えないってのは、本業があって、副業としてマジックをしている人を想定していますが、除光液を使って取ってしまえば解決するので大したデメリットではないかと思います。(除光液を使うと黄ばむこともありますが、最近は黄ばみ難いのもあります)

 

それはさておき

最近、神戸の某Bから始まる催眠術とスプーン曲げを組み合わせたDVDが超売れたマジシャンが使っていた、ガラス製の爪やすりが非常に気になったので実際に買ってみました。

全く同じものではなく似たような物です。

 

今回購入した物は「マツコの知らない世界」でも紹介されていたそうで、放送直後は品薄が続き定価の倍以上で取引されていたそうです。

 

ファイブセカンズシャインというガラス製のヤスリ(片面)です

何が出来るのか?

これ1本で爪が削れて、磨ける。

驚きでした。

しかも私が以前使っていた金属製のヤスリよりも早く削れる上に、独特の嫌な微振動が少なく、コレ1本でトップまで磨けるのはかなりお手軽です。

 

メリットは1本で手入れを済ませることが出来ること、ガラスなので摩耗しにくいことと丸洗いが出来ることです(ヤスリ部分の耐久度に関しては不明ですが、他社製品の説明を見る限りだと1〜2年は持つようです)。

デメリットはトップコートほど均一な感じにはならず、近くでよくみると細かい傷や磨き部分にムラがあるのが分かります。後はガラス製のなので落とすと多分割れます。

仕上げに関しては紙やスポンジベースのタイプの方が綺麗に仕上がりますが、消耗品なので使い回しをしたいか1回ずつ綺麗に仕上げたいかで評価は変わります。

 

今まで使っていたやつで一番駄目だと思ったのは、無印良品の小さい爪みがきセットですね…アレは消耗速度がかなり速かったです。

 

手間と耐久性を考えたら、私としてはこのガラス製のくらいで良いかなと思いますし、爪の段差を無くすというマニキュアを塗る前段階と同じ事をしているので、この上にトップコートを塗っても良いかと思っています。

(そういう使い方も推奨されています)

 

それと職業や体質、環境的にマニキュアを使えない人や、ガッツリ磨いてる感を出したくない人には良いかもしれません。

 

 

このタイプのヤスリで、レビューなどを見る限り「上手く磨けない」とか「そんなに早く出来ない」等、色々書かれていますが、調べたり実際に試してみた結果幾つかコツがあることが確認できたので少し書いていきます。

1.軽く磨くこと

強く押し当てると細かい傷が出ます。

 

2.磨く時はある程度同じ角度で同じ方向に磨く

ヤスリを往復させると力加減によってはピカピカになるどころか細かい傷だらけになります。

恐らく出来なかったという殆どの方は、このポイントを抑えていなかったのだと思います。軽い力でやるか、一定方向で磨く必要があります。

写真で言うと、ヤスリを右上に引いた時にだけ削る感じです。

かなり優しく当てればある程度雑にやってもピカピカになりますが、細かい傷が結構残りしますし、力加減を考えたりするくらいなら一定方向でササッと磨いたほうが良さそうです。爪の付け根あたりは少し磨きにくいですどね…

 

3. 「5秒」では全面を磨けない

最初にヤスリを当てた部分だけを光らせるのであれば5秒でできますが、爪全体を丁寧にやろうと思うとそれなりに時間が掛かります。

それなりと言っても10~15分程度で両手の爪が磨き終わるので、手間的にはそう掛かりません。

 

この辺を注意しておけば凝視されない限りは綺麗に見える爪が出来上がります。

この上に更にトップコートを塗っても良いですしね。

 

パッケージにも記載がありますが、爪を磨く時は磨き過ぎに注意です。

爪の厚さを保つために磨くのは1〜2週間に1度が推奨されています。

 

トップコートと交互に使うのも1つの手かもしれません。マニキュア、トップコートをずっと塗っていると皮膚呼吸が損なわれ爪が薄くなるという情報があるので必要な時以外は塗らないでおいたほうが爪の健康を保てるとか云々。

マニキュアを使わない期間を設けて、その間はこのヤスリで磨いておけば良いかなと思っています。

この辺は使う人の状況によっても変わりますし、TPOに合わせてとしか言いようがありません。

 

 

ちなみに…

知人はクリスタルネイルというのを使っているそうで、他の人からも商品名が上がってくる位には評判なので気になる方はこちらも試してみると良いかもしれません。

スポンジっぽい素材でこちらの方が全面を綺麗に磨けるはずですし、両手全部を磨く時間を聞いた所ファイブセカンズシャインと大差無さそうです。

 

 

爪が割れやすい、爪が薄いって人にはドクターネイルというものが良いと知人女性に勧められました。その方はマニキュアを塗っていない時期はこちらを塗っているそうです。

(私は爪が割れやすくも薄くもないので今のところ購入予定はありませんが…)

 

 

クロースアップでカードなどの道具を扱うマジックをしていると手はよく見られます。もしその時に爪の間が黒ずんでいたりしたら、それだけで「ないわー」って思う人も居ますし、爪が汚いことで見ている人の集中が途切れるのは非常に勿体無いと思います。しっかり手入れはしなくても、最低限清潔感はあったほうが良いかと…

 

 

 

(JEAN)

 

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事