アッサラーム!クトゥルフプレイヤー諸君、日々のダイスに感謝を込めて。

 

早速ですが今回は、初心者から中級者ぐらいまでかな?

おそらく中級者の方でもしっかりと認識しているかいないか不安な部分、

クトゥルフ神話TRPGで用いられる用語を私なりに簡単にまとめていこうと思います!

SAN

皆々様方、「SAN」ってどのような意味かご存知でしょうか?

「SANチェック」「SAN値減少」クトゥルフ神話をやっていると多々見られる上に発言するかと思います。

「SAN」というのはいわゆる「正気度」です。

・・・知ってた?ですよね!では「SAN」は何の略でしょう?

 

答えは「Sanity」英語で「正気度」の意味合いです。

ちなみにこれが減少することによって、正気ではなくなっていくのです。(SAN減少してもロールプレイに影響がうんたらの話はまた別の記事で・・・)

ステータス

ステータスですと

  • POW
  • INT
  • DEX
  • EDU
  • STR
  • SIZ
  • APP
  • CON

があります。意味はおわかりですね?

「POW」は「精神力」 「SAN」を決める際にもこれを基盤とします。

「INT」と「EDU」はここでは一度置いておきます・・・

「DEX」は機敏さ、敏捷性といったところです。器用さとして使われることもあります!

「STR」は筋力、力強さですね。ダメージボーナスなどの出力に必要になります。

「SIZ」は身長や身体の大きさです。これも後述で解説します。

「APP」は容姿、見た目ですね。これの高さもロールプレイに生きるとおもいます。

「CON」は体力やタフさですね。HPを決める際に重要になってきます。また、これと「SIZ」の兼ね合いで体格を決めることもできます。

INTとEDUの違い

では、初心者の質問でありがちな「INTとEDUの違いってなんなんですか?」を解決しましょう。

「INT」は知性、「EDU」は教養・・・と言ってもわかりにくいですよね?

これをわかりやすくするために、私は「箸」で例えようと思います。

「INT」が高いと、箸の使い方がわかります。箸がどのようなものという理解を得ることができます。

「EDU」が高いと、箸を使っての所作や礼儀作法が身についています。魚の骨なんかもきれいに取ることができるでしょう。

上記の例えで例題を挙げると、

「INT」が高くて「EDU」が低いと、箸を使ってモノを食べることができるが、ものすごく汚い食べ方で目も当てられません。

「EDU」が高くて「INT」が低いと、周りに合わせるような動作で箸を使うが、他の用途にも箸を使い始めるでしょう。(飲み物を呑むときにも箸を使うだとか)

ちなみに、「INT」は最低でも8はあるので、上記のようなことにはならないでしょう。

「EDU」も同様で、最低でも6はあります。上記はあくまでも極端な話ですので、こんなもんだっていう目星を立ててもらえれば幸いです。

SIZ

最後に「SIZ」の話をして終わりにしましょう。

「SIZ」によって身長、体格が決まります。ですが、「15が出たのだけど、身長何センチぐらいでしょうか?」という質問は実は経験者でも曖昧です。

これは無理に算出する必要性はありません。最低値は8となりますので、最低値が出てしまった場合は「PLの思う一番小さい身長」でいいと思います。

最大値は18、私は某波紋マンガが大好きなので、18が出たら身長は195センチに設定していますが、これもPLが決めることです。

ここで一度言っておきたいことがあります。

「キャラクター作成ってアホみたいに自由度高いでしょ?」

そうです。なぜならKPに指定がない限りそのキャラの決定権は自分にしかないのですから。

言わば言ったもん勝ち、書いたもん勝ち、です。

持ち物の欄も書けるだけ書くのが得策です。KPがダメと言われたものを添削すればいいだけなので、KPによっては普通持っていないであろうモノも認可してくれる場合があります。

本日の記事は少し初歩のことを話しましたがいかがでしょうか?

これからもTRPGやボードゲームの初歩的要素を詰め込んでいきたいと思います。初心者に優しいというのが私の信条ですから。

それではみなさんキャラクターを楽しく作っていきましょう。。。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事