「催眠術なんて存在しない」「ヤラセでしょ?」という意見をよく目にします。それを見ていつも「わかるわかる~!私もそう思ってた!」と思っています。

私も催眠術は存在しないと思っていました。

だってどう見ても怪しいし、どう見たってヤラセに見えるじゃないですか!仕方ない。芸人さんが掛かっているとか、有名人が掛かっているとか、そういう場面を見ることが多いと思うのですが、皆さん人を楽しませるプロなので「見ている人を楽しませるためにかかっているフリをしているのでは?」と思ってしまうのです。

 

しかし、今は催眠術に結構な信頼を寄せています。知っている方は知っていると思いますが、私はものすごく催眠術にかかりやすいのです。(ここ最近は、とある術者以外のはかかりにくくなってしまいましたが…。)

 

 

催眠術は存在します。

 

しかし、私のような素人が思っていた「人の心を操れる」だの「怪しいことをさせられる」と言ったことは全くない、非常に健全なものです。

すごく怪しくてすごく危険な印象がありますが、実際のところそうでもないです。そしてそれほど万能でもないのです。マジックよりも催眠術の方が、世間一般のイメージと大きくズレています。

 

 

掛かっているときは人によってイメージが様々だと思いますが、基本的にリラックスするところから始めるような気がします。深い場所に沈むとか、心地よい場所に居るとか、そういう事を言われるのですが、その時に実際にそうなっている自分を想像できるのであればとてもかかりやすいと思います。

布団で寝ているような感じでもいいですし、お風呂に入っている感じでもいい。私は水にだんだんと沈んでいくイメージです。

自分が実際にそうなっていると思い込むことでかかるようなので、妄想力が豊かだとかかりやすみたいです(笑)

 

 

催眠術は自分が本当にやりたくないことはできません。私が催眠状態(催眠術にかけられている状態)で、街中で裸になれと言われてもなりませんし、お金を渡せと言われても渡さないでしょう。そして、それを言われた時点でその人への信頼が無くなり、その人の催眠術はその後一切掛からなくなると思います。

また、催眠を解いてくれない人の催眠術もかかりにくくなるような気がします。きっと催眠状態で放っておかれ、最後までやりきってくれないという印象が付き、これも術者としての信頼をなくしてしまうからなのではないかと思います。

さらに、効果時間は人によりますが基本的には集中が途切れたり、術者と物理的な距離ができるとすぐに解けます。

気持ちに左右される部分が非常に多く、思っているよりもはるかにデリケートですよね。

 

 

催眠術は実在するのですが、万能ではなく、思っているよりもはるかに安全なので怖くありません。

そして、怖いと思うような催眠術をかける人は居ません。術者としての信頼が無くなってしまうので、出来ないと言った方が正しいかもしれませんが。

きっと今思っているよりはるかに楽しく安全なものなので、あまりないかもしれませんがもし機会があれば臆さずに是非一度催眠術師と対決をしてみてください。

 

しかし、マジックは失敗できないまたは失敗すると微妙な雰囲気になるのに対して、掛かっても不思議で楽しく、掛からなかったら何だか勝てた気がするし仕方ないと思う催眠術。失敗も成功もどちらも一つの形としてお客さんに受け入れられるというのは、人を楽しませる手段として結構おいしいですよね。

 

(Alice)

スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事