今月から日本でもショップに並び始めたTRANTULA II(以下タランチュラ2)を早速購入しました。

タランチュラ2ってどんなの?

こんなの!(笑)

タランチュラ1も大体似たような感じの現象が起こせるもので、そちらを現在2つ所有しています。ちなみに1つ壊してしまったので、3つ買ったわけですが…(^ρ^)

旧ブログから読んでいた方、或いは直接私と面識が有る方であれば知っているかもしれませんが、私地味にイーガル・メシカの製品でスレッド系はほぼ持っています。タランチュラ、ループス、スパイダーペン・プロ、エラスティック・スレッド、メシカ・ワックス、インビジブル・スレッド、タランチュラ2(new)

以前海外のバー・レストランで働いていたときからスレッドが好きで、スレッド系のレクチャーや道具は色々集めていました。

今ではほとんど使わなくなりましたが、嵩張らないですし、ちょろっとやってもかなりウケるので、現場行くときは取り敢えず持っておこうという感じです。

それで、今回はタランチュラ2のレビューなのですが、ITRをよく知らない人には全く役に立ちません。恐らくITRという単語にピンとこない人はこの先を読んでも理解できない可能性があるので、ここで引き返しても問題ありません。

スポンサーリンク

TRANTULA 2

タランチュラ2の特徴をまとめると「タランチュラの形をしたスパイダーペン」という表現がしっくりきます。

まだ現場投入をしていないので確実ではありませんが、これは普通のITRのようにポケットに突っ込んで使うことも出来ますし、案外汎用性が高いと思います。

ただ、普通のITRと同じように使ってしまうと、この形状の良さがなくなってしまいますし、スパイダーペンとの差別化も出来ないので、人によっては存在価値を疑うかも知れません。

メリット:

・タランチュラの形状

・スパイダーペンの機構

・スパイダーペンよりも挙動が安定している&切れにくい

・やりようによってはスパイダーペンとタランチュラの現象が両方出来る

・長さを固定出来る機構がある

・バッテリーが充電式になり、USBで充電できる

デメリット:

・メシカのスレッドの耐久力

・取り回しが独特

・長さを固定できる機構が地味に使いにくい

・タランチュラ2ならではと言える現象が少ない

会員向けコンテンツです
※全領域を表示するにはログインする必要があります。会員登録についてはこちらより。
※このコンテンツは無料会員でも閲覧することができます。
スポンサーリンク
サイト拡大のために

ブログランキングにご協力ください


バナーがクリック(1回/日)された数によりポイントが入り、1週間の累計で順位が決まる仕組みです。クリックするとランキングページに移動し、現在の順位を見ることができます。