レビュー?:Deep Magic Seminars by Benjamin Earl (第三週)

お久しぶりです, Saitoです.

割と頑張って追った上にThe Flow Dealを切ったのでもう少し早く出せるかと思いきやまた別のごたごたがあって遅くなってしまいました……

ところで!Deep Magic Seminarsの二周目が決定したみたいですね. どうやら8/31から始まるとか. カメラとか照明とか音響とか, その辺をアップグレードしてやり直すみたいです.

ソースとなるInstagramのストーリーが時間で消えてしまった事と私のリスニング力が低いことを合わせて話半分くらいに聞いておいてほしいのですが, 二周目は全部が終わった後に参加者のハングアウトがあるとか.

完全に終わってしまったコースを追っていてなんだかなぁと思っていたところ, 実は未来にいたみたいですね. いや, 本当は二周目が始まる前に全コース終えてドヤ顔で言うつもりだったんですけど無理でした……

まあもう一度チャンスがあるということで少しでも気になっている人はぜひ!

では第三週のレビューを

Deep Magic Seminars 第二週

Brilliant Basics

カードを基礎からしっかりやろうというコース.

今回はフォースについてでした.

この回は他の回と少し印象が違い, 既存のものを大きく高めるというよりも, 既存のものの中から氏の感性に合ったフォースを紹介してくれるという感じでした. もちろんある程度のインプルーブメントはされているのですが, 今まで見てきたものを見ると少なめな感じ.

個人的にこの回はとても印象的な回でした.

フォースは特に”成立はしているけどなんか変”といったような物が結構あるように感じます. そんな中, 氏が”これは好きじゃない”, ”これは好き”といったように感性に沿ったものを教えてくれるんですよね.

私が今までDeep Magic Seminarsを受けてみて思う最大の利点は, 手品をするうえで必ず存在する, 正解のない感性の領域(技法チョイス, 普段の扱いなど)をBenjamin Earlという, とりあえずはずれのない男のもとで全部統一できるという点です. 初心者がまず一歩目, まあ間違いのない道を歩みだすことができるという点でとてもおすすめです. もちろん, 経験者も多く学びのあるコースであることは疑いようがないのですが.

この回は, Deep Magic Seminarsの利点をとても分かりやすく示してくれているように私は感じました.

New Theory Switching

実践で使えるカードスイッチについて?のコースです.

今回はついにダブルリフトとセカンドディール, トップチェンジが統合されました.

前半でどう統合されるのかという話があって, 後半では応用的な使い方や, よりディセプティブに見せるやり方など色々と解説されていました.

どう統合されるのか不思議でしたがこういうことね……確かに統合されていますが, 混ぜて新しい手法を提案するという感じ. 別にすべてがこの統合されたもので代替可能という感じではないです. 選択の幅が広がるというえば伝わるかな??????難しい……

 

No Shuffling Allowed

様々なフォールスシャッフルを学ぼうというコース.

今週はThe Shape Shuffleというものが数種類紹介されていました. 基本原理は全部同じですが形や細かいところが異なる感じ.

The Shape Shuffleは氏のオリジナルなのですかね?昔出されていたようです. 簡単に言うと超大胆にしたグリーンシャッフルです. 厳密には違うというか, 大事なところも結構違いますが見たら言わんとすることは分かってもらえると思います.

対面で効果を発揮するタイプのもので動画越しだとどうにも成立している感じがしないのですが……まあ多分実際に目の前でやられたら効くんだろうな……

指先以外のところが特に大事になってくるというこれもまたまさにDeep Magic Seminars的……

終わりに

今までは割と知っている技法などが多かったのですが, 今回は新しいことが多く出てきたように感じました. 締めが近づいてきている感じがしますね.

長かったDeep Magic Seminarsも来週で最後となります. 果たしてどんな内容が待っているのか……とても楽しみですね.

 

ということで今回はこの辺で, ではまた.

Deep Magic Seminarsのほかの記事

 

YouTubeチャンネル

管理人のチャンネルとは違い、真面目にマジックやメンタリズム関連の投稿をしています。

 

 

※非常にニッチです。非マジシャン・非メンタリストの方が見ても特に得るものはありません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事