レビュー:カオス・オブ・トライアンフ

やぁどうもおはようございます月ノ風です。

最近マジック離れが進んでるんですけど皆さんいかがお過ごしですか
久々にカード触ったらリフルシャッフルもできなくなっててちょっと笑ってしまった
意識と技術の乖離が起きている・・久しぶりにスポーツしたら踏ん張れなくてこけるみたいな感じだ・・

一応ちまちまマジックを考えること自体はしてたりします。しかしこう、中々うまくいかないっすね・・
自分がもう一人ほしい・・話し相手が欲しい・・ぼっち勢はこれだから・・まぁノート書けって話なんだろうなぁ

 

カオス・オブ・トライアンフ

さて今回はマヌーヴァさんから出てるキコさんのカオスオブトライアンフ

過去にちらっと見てたんですけどちゃんと見たのははじめて
スプレッドして混ぜた状態を見せ、それを手で撫でるだけでトライアンフ現象を起こすという物です。その後にデックをファンに広げ客のカードを表向きに差し、息をかけて裏向きにして終わります。

レビュー

評価に悩むんですが、マジックとしては解法も面白いし良い物だと思います。ただ、実践(練習)が難しい。技術的なものというより、場所的に難しいです。

まずマジックの現象はとても良いです。まぁ一部気になるところはあるんですよ、スプレッドの長さ変わっとるやんけって
ただ、そこは現象の強さで消せる部分なのかなって感じ。ここはちょっと自分も客からどう見えるのかわからないから評価が難しい。演者のスキル(話運び・気の引き方等)で解決できるんじゃないかなという感じもする

で、見た目としては奇麗だなという印象です。現象を起こす動きが理想に近い
ただ、その裏側でやってることが中々にハードです。
見た目は一貫して無駄が排され、その裏で演者が努力しているという、マジックとして望ましい造りだと思います。

手法面ですが、結構ややこしくも思えますが、その実シンプルです。必要な要素のために最短を通ろうと詰め込んだ結果という感じなので、振り返ってみれば分かりやすいという感じ
作り上げたなぁという感じがしますね・・

ただ、仕方ないとこもあるんですが最終段階のスプレッドの部分がちょっとしんどい。手順のキモであるし、そうするためには他にないんやろなとも思いますけど、しんどいなぁという事に変わりはないです。ここら辺はスムーズにできるようによく練習しないといけません。(当たり前の事でしょうけど、私が練習嫌い勢なので)

 

難度としてはそこまでの事ではないです。そらまぁまったくの初心者はできないでしょうけど、カードマジックそれなりにやってるならできるはず。(奇麗にやるならやはりそれなりの習熟は要ります。特にこのスプレッドはあまりやらない動きのはずなので練習がいると思います。)

で、場所的に難しいというのが、このスプレッドですよ。PV見ていただければもうスプレッド部分で何してるのかまでわかるかもしれません(とはいえカット的にみづらいかも)が、注目すべきはその使用スペースです。
中サイズくらいの卓上マットではまぁ納まらん。加えていえば前段階と延ばした後では中心がずれるので座りながらやるのもあまり向いてない気がします。できんこっちゃないんですけど、より良いのは立ちながら大きなテーブルを使える環境だと思います。そしてそういう環境そんなにないのでは・・?バーカウンターとかの話じゃない・・?

現象的にも終わり方(処理問題)的にもカメラ越しのマジックに良さそうですけど、まぁスペースどうします?っていうところが悩ましい

実際、私は試してみましたけどできません。最低限必要なスペース(行わなければいけない仕掛けを施すための空間)を確保しようと思うと現象のためのスペースが足りません。
マットをななめに使えばギリギリいけるか・・?って気もしますけど、斜め・・なんかちょっとしっくりこないっすね・・

野島さんの荒波でも似たように思った事ですが、広く場所を使う手順はいいんですけど練習出来ないんすよね・・マジック自体が悪いわけではないのでそれでダメだとは言いませんけど

で、そう、手法のバリエーションとしていくつか解説があり、仕込みというか準備をするタイミングをずらしたり動きを省略するやり方だったりといくつかの手法が解説されていました。キコさんが実演で使ったのより私の好みに合う手法もあって、それらを使うやり方で覚えてみようかなぁと思いました。ここは良かったポイント
ここのおかげでもう別にいじろうと思うところ今のところ明確にはないです。やっていってでてくるかもしれませんけど、ここ気に入らんわって思う所が取り敢えずのところない。

 

そしてトライアンフ現象の後に客が選んだカードも裏向きにしてしまう現象の部分、ここのこだわりというかなんでこういうのを入れたのかという話が、今自分が考えてる部分に少し似てて個人的にちょっとヒット
これは善し悪しどうこうというより本当に演者の好みやキャラクターによるところじゃないかなという感じがします。

おわりに

見た目の良さも含めて良いマジックだなと思うんですけど、まぁやはり演者がそれなりに裏で作業しなきゃいけない事と空間確保の問題とで自分のレパートリーにするかというと悩ましいところ。
いやこう、場所がどうにかなるなら練習しようかなと思える面白さなんですけどね・・ぐぬぬ・・

あとそう、私このキコさんとロマン・ガルシアさんが兄弟だという事を初めて知って驚きました。まじかよ
だからどうってこともないんですけどね()

金額的に中々お安いので、PVみて気になった人は試しに買うのも良いやも。

 

さて、次回はまぁ、どうしようか悩んでるところですけど、セルフワーキング系のをみてみようかなって気持ちがちょっとあります。
まだ決めちゃいないんですけどね・・TNTにするかもだし、まぁその時次第

ではではまた次回

YouTubeチャンネル

管理人のチャンネルとは違い、真面目にマジックやメンタリズム関連の投稿をしています。

 

 

※非常にニッチです。非マジシャン・非メンタリストの方が見ても特に得るものはありません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事