雑記:Memorandumを使っていての所感とか

お久しぶりです、Saitoです。

いやーなかなか記事が出せませんね。手品洋書が読み終わらない!春休みはもう少し早いペースで読んでいく予定だったのですが…….

 

 

さて、今回はスタックについて。僕は普段Memorandumというマイナーなスタックを使っているのですが、最近やっとMnemonica(本)を買いました。

すると気になるのがMnemonicaとMemorandumどっちが良いのかということ。

正直これははっきり片方が片方の上位互換であるとは言えず、完全に人に(用途に)よるのですが……

なので今回は、Memorandumを使っていての所感とか、”僕が過去の僕にスタックを覚えるよう指示するなら何を選ぶのか”とか書いていきたいと思います。

なぜ僕はMemorandumを使っているのか

 

これを見るに僕がMemorandumを使い始めたのは約一年半前から。

当時僕はここの管理人の影響でスタック面白そうだなぁと思っていたのですが、そんな時別の方から”今から覚えるならAragon氏のMemorandumがいいよ”という話を聞いたのです。

Mnemonicaが覇権を握っている今、あえて新しくスタックを発表したということは何かしら改善してあるんだろうなぁという考えもありつつ僕はMemorandumを覚えることとしました。

 

 

Memorandumを使っていての所感

まずは機能性について。

基本的に僕はスタックの配列に依存する手品をしません。ポーカー系はあんまり好きじゃないのでデモンストレーションはやりませんし、その他のスタック配列に依存する手品は手品としてのボリュームがあることが多く、さらっと見せることが多い僕とはあんまり相性が良くないのです。手順を覚える頭も衰えてきた気が最近していますし……

よってスタックは順番とカードが一致していれば事足りるのです。

ハーフスタック(スタックの半分だけ)で運用することが多いのですが、誰かがポーカーデモンストレーションをスライトなどでした際に、Memorandumだとそのまま配って4A出せるというメリットはあります。まあここで張り合う意味はないのですが。Mnemonicaだと4Aはフルスタック必要みたい。

また、これは全く根拠はない僕調べなのですが、自由にカードを言ってもらうように頼むと1,2,52枚目を言われることが多い。地味に助かります。超強い現象だし。Mnemonicaオーダー見ながら記憶をあさっていますがMnemonicaオーダーの上と下を言われた記憶はないです。まあこれは根拠がないので…….

もう一つ上げるとすれば、あまり知られていないため、Mnemonicaを覚えている人相手でも中身を見せてから手品をできるというのは大きいといえば大きいMemorandumの利点です。ただMnemonica覚えている人事態少ないんですけどね。

 

反面Memorandumを使っていて欠点だなと思ったこともいくつかあります。

まず一つ目としては上半分のスタックに結構偏りが見られること。

正直スプレッドして見せる程度では指摘されたことはないのですが、手渡しするとなるときつそうだなというのが印象。スタックという考えに手品やってない人までもがたどり着くとは思わないのですが、不自然さは与えてしまうんじゃないかなという思いはあります。下半分を使うとかで対処は可能といえば可能ですが…….

そして二つ目、これが最大なのですがMnemonica依存のものが一切使えないということ。

Mnemonicaつかったいい手順があるんだよ!という話題に乗れませんし、Mnemonica対応と書かれたマークドデックも買うのに恐ろしいぐらいの心理的抵抗が生まれます。現に買えてないし……長いものに巻かれろ精神は大事といえば大事なのです。

 

ちなみに組みやすさについて。

これはMemorandumの最大の利点と言っても過言ではなさそう。

4ファローした状態からくみ上げるのがとても簡単です。これはStay Stack状態との行き来が楽ということにもつながります。

すべてをオーダーに最初から並べていくのであればMnemonicaとMemorandumどちらでも速度は変わらないのですが、現状僕の速度ではオーダーに並べるより最初の並びに戻すほうが早いのです。脳死でできるし。

Stay Stack状態との行き来の早さは想像以上に大事。実は結構Stay Stackを要求する手品はあります。オーダー依存する手品よりStay Stack状態の手品のほうが好きな手品が多かったり…….

Mnemoncia かMemorandumか

まあ本当はこれMnemonicaも使いこんでから書かないといけない気もするのですが……

もし僕が過去の僕にスタックをお勧めするなら、Mnemonicaを推します。

理由としては、”最大覇権である“これにつきます。マークド関連が個人的に結構重かったです。

Memorandumによって改善されたという機能をうまく使いこなせていないのも要因の一つです。カードと位置が分かればよい程度であれば長いものに巻かれるのが吉かなと。

 

ちなみにMnemoinca推しと書きましたがMemorandumからの切り替えは今のところ検討していないです。

やはり僕の運用的にどっちでもいいえばどっちでもいいんですよね……

あと、今になってやっとMnemonicaを買った僕が言うことではないですが、どっちのスタックを使うにしろこれはMnemonicaもMemorandumもどっちも買うべきです。スタックに依存する手品もありますが、どっちでもできるものが大半。

Memorandumに関してはMnemonicaを持っている前提で書かれている節ありましたからね。

いや、本当はAronson氏の本も持っているべきなのですがなかなかそっちまで手が……

 

終わりに

スタック、便利そうだなぁと思いつつも覚えようと思うまでのハードルがなかなか高いですよね。

僕は受験のストレスからの逃避として、”いやこれは息抜きだけど頭の体操だから”と言いつつ覚えていました。塾の休み時間に(スタックの)復習をしたり。

外出自粛ムードが高まっている今、”家にずっといるし息抜きにスタックでも覚えてみるかな”とトライしてみるのも良いのでは????

 

 

では、僕は積み洋書タワー攻略に戻ろうと思います。また次回…….

 

 

 

カード・マジックのオススメ書籍
マジック全般に関する書籍

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事