レビュー:PSYCHOKINETIC TOUCHES

やぁどうもおはようございます月ノ風です。

寒くなって来ましたねぇ・・台風過ぎたら急にきますねぇ・・でもまたくるんだってねぇ・・試される日本
最近腰がいたいのもあっていい感じのマットレス欲しいなと思うんですよ、寒さ対策にもなるし
で、色々調べてたんですけど、腰痛対策として選ぶとそこそこするんだなって・・今欲しい資料いくつか買える・・

入手はまだ先の話になりそう

はい、今回はね、いつものごとく時間がないのでさくっといきます。

PSYCHOKINETIC TOUCHES

はい、PKタッチです。今回のこちら、私にしては珍しくレクチャーノートの物
著者は高名なバナチェックさんです。GINさんで日本語訳つきで販売してます。

一応明かしておくと、私はこの方の実演を見たことがありません。PSYシリーズも揃えてないです。
映像見たら評価変わるかもしれない。

レビュー

これねぇ・・めっちゃぶっちゃけると「お?外れやん」って感じです。
まぁなんでかっていうと一つの演じ方しかないのと、詳細が分からないのと。要は内容が薄い

もうちょい書きます。
解説されたものが演出、客の立ち位置、動きとタイミングです。
一応、このノートだけでも実演は出来ると思います。度胸がある人なら

演出に関してはいかにもメンタリストという感じで、まぁ日本では合わんのでは・・とは思います。とはいえ作り話(御伽噺)としてのものなら中々面白いです。そういう雰囲気でやるならこの路線も良いかもしれない。
もしこれを読んでこの演出を真似しないという事なら一度少し考えてください、解説されていませんけど重要な文言が含まれてます。客が思わぬ動きをしないようにしているセリフがありますけどその部分は何らかの形で取り入れないといけません。(そういう、セリフで注意すること等の解説はないです。模倣が前提)

立ち位置に関しては簡単な図解があって理解の手助けをしてくれます。この手順ではPKで触る客が椅子に座っていて、もう一人の実際に触れる客は立っています。その立ち位置に言及しています。あとちょっと珍しいなと思ったのはカメラの前でやる時とステージでやる時で違うって事に触れてるとこですね。

問題が、動きとタイミングですね・・これは図解がなくて文章の限界というか、あんまり詳しく解説する気がないのか、「怪しい動きをして触る」みたいなざっくりしたものになってます。
一応タイミングとして、こうしてここをカバーするみたいな話はあるんですけど、実際どんな動きなん?ってのはよく分かりません。
ここを豊かな想像力で補って実行に移せるなら実演はできます。まぁ出来んことはないなってくらいの情報はあります。
この人の実演を見たことがないのでこのノートで真似できるのかはなんとも・・すくなくとも動きのイメージは実際にみたことがある人じゃないと難しいのでは

 

まぁ、ぶっちゃけ他のDVDのほうが分かりやすいわな・・っていう
私は他のレクチャーDVDを見たことがあったので、「なんだこの(内容が)うっすいの」って思いました。
単純に他の物を先に知ったがゆえの・・

ストーリーはちょっと面白いです。カメラ用の立ち位置ってのもわざわざ解説してるのは他に知らない(とはいえこれは客上げを2人行い少し離れたところにいてもらうから必要なことで、ディアンジェロタッチやタッチドにそのまま使えるかというと・・)
動きよ・・ここが分からん・・もうちょっと踏み込んでほしかったなという思いが・・(実演みたことがある前提なのかもしれないので強くは言えない)

おわりに

ディアンジェロタッチやったら?(暴言)

まぁ、あれはあれで演者が上手いだけ系の演技で、見た目にも干渉度が割とあるので好みによるところではある。
あの多動が雰囲気に合うなら別にディアンジェロでいいと思うけどねぇ・・あれ表と裏のギャップが少なくて結構使いやすい方の技術だと思うし・・さすがに演技直後のすり合わせは怖いけど、(演者が)やってることと(客が)感じることと(観客に)見えてることの差が少ないのがいい。

このPKタッチはまぁ、とてもスタンダードというか、まぁそういうのをPKタッチっていうよね的な物で、割とがっつり間を取れる分「不可能でしょ」って状況を作れる。
でもこれ、別の人のですけど私が初めてPKタッチの映像を見たとき(私がマジック始める前)に、「こうじゃないか」って思ったやり方なので、マジックやってない人にバレうる演技ってことです。
私はなんかしらの対策挟まんことにはちょっと怖いです(どうしたらいいかはまだ思いついてない)

 

はい、では締めますか、さくっといけんかったな・・(1000文字も書かないつもりだった)

次回は私がちゃんと読めばボディメンタリズムについてだと思います。
これはねぇ、基本原理読んで「えぇ、これかぁ・・」って思ったけどいくつかの演出案読んで「かしこい・・」ってなったものです。
まだちゃんと読んでないのでね、読もうとは思ってるんですけど、次回に間に合うかどうかですね(読む気があれば30分かからない分量)

ではではまた次回

メンタリズム関連の書籍

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事