Sick2!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Sick2!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

来ました!待望のSick2!!!

みなさまお久しぶりです。Saitoです。

いやーついに来ましたねSick2。実は人生で初めて買ったコインマジックのDVDがSickなんですよ。

年内に発売されたらいいなぁというくらいの気持ちで待っていましたがまさかこんなに早く出てくれるとは…….

じっくり見てしっかりとしたレビューを書きたい自分もいるのですが、ついに出た興奮が冷めやらぬ自分がいるのと台風で学祭がつぶれて三連休が急に錬成され暇を持て余してる自分がいるのとで、とりあえず見た感想をさらっと書いてみたいと思います。

後日しっかりとした個別の作品に関してのレビューも書くかも??????

Sick2

Sick 2の特筆すべき点はポン太 the スミス氏の音声解説がつくようになったことじゃないでしょうか。個人的にはこれが最高にうれしいポイントでした。

構成に関してやムーブのポイントやコツ、手順のバリエーションなどもそれぞれの作品について解説されてます。Sickの作品のアップデート(3 Fly,3 Coins Across,Winged Silver)に関しては無印との違いも。

 

前作同様、スライトオブハンドのコインマジック作品集ですが、今作は技法に頼るのではなく、構成による不思議を重視しています。実用性も意識しており、慣れれば安定するメソッドを採用しています。 (販売ページより)

とあるように、今回は前作と比べて実用的な作品群となっていました。もちろん、要求される難易度はあんまり下がっておらず簡単とはいいがたいですが……しかし練習によりしっかり安定しそうです。

構成はめちゃくちゃ練られており素晴らしいです。前作はめちゃくちゃなムーブを眺めてすごいなぁという感じでしたが、今作は作品を通してみて賢いなぁという印象。めっちゃ細かいところまでこだわって作られています。手順を再現できなくても解説を聞くだけで相当勉強になります。

ただ、勘違いしてはいけないのは構成がスライト力をカバーするために存在しているのではないということ。構成×スライトで殴る手順です。賢くてスライト強かったら無敵では……??????

 

 

ちなみに、地味に良くなっていたのがクレジット。各作品について、元となった作品とそれが収録されている資料、そして参考にした資料などがかなりしっかり載っています。クレジットがしっかりしていると資料に当たりやすくてとても助かるんですよね。ありがたいです。

 

今作も前作と同じようにありえないようなムーブを詰め込んだものを出してくるのかなぁと勝手に思っていたのですが、そのようなものでなくてちょっと驚きました。

 

Sick2ではポン太さんはワンダラーではなくダブル・フローリンを使用されています。これを期に36mmブーム加速するのかなぁ……36mmじゃないとつらいという感じはあまりありませんでした。多分ハーフでも行けそう。まあ若干のやりづらさは感じますが。36mm欲しいなぁ……

作品に関しても触れたいのですが、それはさすがにもう少ししっかり見てみてからじゃないとなぁ……と思うので後日??????純粋に現象としてはHoming Coinが最高に好きでした。ビジュアルで賢い。すごい。

実はあんまり意識してなかったのですが僕って実はWild Coin相当好きなのかもしれない…….

総評

Sick2、Sickと比べると路線が相当変わっていてちょっと驚きでした。相当別物なので”SickとSick2どっちが好きか”という問いはあまり意味をなさなそう。

個人的にはSick2のほうが好きかもしれないです。やっぱり解説がしっかりしている点はポイントが高いですね。

“Sickは初心者教材となりうるか”みたいな話はちょくちょく上がりますが、Sick2は割と冗談ではなく初心者向けかもしれません。いや、初心者向けは言い過ぎかもしれませんが、二枚目くらいのDVD(ダウンロード販売ですが!)としては最高かも??????しっかりとした考えのもと作品が作られており、それがなんと日本語で解説されてますし。日本語ですし。

全体的にとても丁寧にDVDが作られている印象。インポッシブルカンパニーさんは今後も動画コンテンツを出してくださるそうなので、期待が高まりますね。

マジック全般に関する書籍

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事